ジャンク 船

世界史の「船」のかたちの変わり方と交易ルート【受験世界史解説】


世界史では、人をはこぶ「船」が主役になって描かれる時があります 主役の「船」が人を導いて、ある時は海上の戦争を、ある時は新大陸の発見、ある時は海上の交易が大海原で繰り広げられました こんな曲がぴったりですね(ワンピース) 本記事では、受験世界史で必須の「船」とその特徴を中心に解説していきます 時代と必要性によりかたちを変える「船」ですが、どうして変える必要があったのか?を考えながら読むと、内容がしっくり入ってくるでしょう! スポンサーリンク• 三段櫂船@古代ギリシャ 古代ギリシャの船!! ペルシア戦争のサラミスの海戦で、無産市民(市民の権利をもってるけど、財産が少ない人たち)が漕ぎ手になってのりまわして活躍しました 漕ぎ手の無産市民が戦争で活躍すると、どうなるでしょうか 「あれがいい!」「これがいい!」と主張できなかった無産市民ですが、戦争で結果のこすと発言力がつよまりますね 結果を残したからには、えらい人はぐうの音も出ないですからね. こうしてアテネの民主制が徹底されていきます *ちなみに、「三段櫂船(さんだんかいせん)」って読みます! 意外と読めないし、書けないのであなどれないですよね。 このカイロを拠点に交易をバンバン行った商人のことをカーリミー商人といいます。 *「ダウ船」の名前は、イブンバットゥータがインドのカリカットに入港する中国のジャンク船の3つの分類のなかでの、中くらいのサイズ「ザウ」に由来するとのこと 「ダウ船」2つのポイント• 三角帆• イスラーム商人• さらに中国商人たちは、新発明の「羅針盤」を巧みに運用し、ひろ〜〜いインド洋を航海して交易してました *この時に注意したいのは、8世紀にムスリム商人が先行してアラビア海で海上貿易を行っていたこと! ついで10世紀後半から11世紀に中国人商人は交易ビジネスに進出しました よく入試問題ではこの順番が問われるので、チェックしておきましょう! 「ジャンク船」2つのポイント• 三本マスト• 中国商人• 10世紀〜 キャラック船 いよいよ大航海時代! 超高価な香辛料(スパイス)はヨーロッパの人々を大海原へ駆り出しました ただ、大西洋が舞台になるのは、これまでの中国商人・イスラーム商人とは全く違います 大西洋の上は、荒波・暴風が激しいので、それに耐えられる船が必要になりました。 そこで誕生したのが、キャラック船です コロンブスやヴァスコ・ダ・ガマ、マゼランなど、新大陸の発見の偉業を成し遂げた大航海時代の主役たちがのってました 関連: ガレオン船@スペイン キャラック船をアップデートしたのが、ガレオン船 !!(大砲がいかついね!!) このガレオン船は遠洋航海術が発達した大航海時代のスペインで開発され、3〜4マストの大型帆船です。 (まさにワンピースの世界) 16〜18世紀に発展したこのキャラック船は、数段の甲板があり、一段につき数十門の大砲を並べることができました 16世紀後半〜17世紀には、イギリスの私掠船による海賊行為だったり、スペインからの独立を求めたオランダ戦艦の攻撃をうけて、ガレオン船は被害をうけるように. 「ダウ船」と「ジャンク船」 この2つはインド洋の交易で存在感を発揮しましたが、ごちゃごちゃになりがちなんですね. もう一度整理すると. 「ダウ船」2つのポイント• 三角帆• イスラーム商人• 8世紀〜 「ジャンク船」2つのポイント• 三本マスト• 中国商人• ジャンク 船 ですので、 フラッシュカードの表と裏に「ダウ船」と特徴、「ジャンク船」と特徴をそれぞれ書き込んで覚えてしまいましょう!.

鄭和は巨大な宝船です


船長は 船員は職能に応じて財副(会計係)、総官(事務長)、香工(船神の奉祀役)、火長(航海長)、舵工(舵係長)、大繚(帆索係長)、亜班(物見役)、頭碇(碇係長)、押工(大工)、砲手、水手(水夫)などと呼ばれた。 その他•。 1 名称• 2 特徴• 3 運用• 4 その他• 5 脚注• 6 参考文献 名称 特徴 船体中央を支える構造材である また、横方向に多数の割り竹が挿入された帆によって、風上への切り上り性に優れ、一枚の帆全体を帆柱頂部から吊り下げることによって、横風に対する安定性が同時代の竜骨帆船と比べ高く突風が近づいた時も素早く帆を下ろすことを可能にしている。 帆桁を 運用 船の使用期間中の修理費もあらかじめ見込んだ上でこのように大型の船を建造し、商品をあらかじめ購入することは一人の財力では難しかった。 船長は共同出資者を代表し、航海と取引の一切を取り仕切った。

ジャンク (船)


Category:Junk (ship)" title="船 ジャンク">
[1] : 19 英語の「ジャンク」という言葉の起源は、ポルトガル語の junco にまでさかのぼることができます。 ジャンクリグ。 [14] : 204 [15] : 222 ジャンク 船 ハーバート・ウォリントン・スミス は、ジャンク船を最も効率的な設計の船の 1 つと見なし、次のように述べています。 17 世紀に jongs が姿を消した 後、 「ジャンク」 およびヨーロッパ言語の他の同様の単語 の意味で、それまでは「 jong 」という単語の転写として使用されていました。 この単語は、アラビア文字が有向グラフ 「ng」 で綴られた音を表すことができないという事実に由来します。

Category:Junk (ship)


セントラルダイニングでは、目の前で調理・サーブしてくれるため、お好みの味や量の出来たて料理をお楽しみ頂けます。 青を貴重とした可愛らしいお部屋は女性にもとても人気にです。 太極拳や料理教室もお楽しみ頂けます。 大理石のバスタブ付の専用バスルームは清潔感を感じることが出来、ゆっくりとバスタイムをお楽しみ頂けます。 ビクトリースタークルーズの宿泊設備のご案内• サンデッキ 古き良きインドシナ時代を感じさせるクラシックな客船は、優雅なハロン湾クルーズのひと時を演出。


Contents• 1 Etymology• 2 Construction• 1 Sails• 2 Hull• 3 Leeboards and centerboards• 4 Steering• 3 History• 1 Spring and Autumn period 8th—5th century BC• 2 Warring States and Qin period 5th—3rd century BC• 3 Han to Northern and southern dynasties era 2nd—6th century• 4 Sui to the rise of Song dynasty 7th century—10th century• 5 Song dynasty 10th—13th century• 6 Yuan dynasty 14th century• 7 Ming dynasty 15th—17th century• 1 Expedition of Zheng He• 2 Sea ban• 3 Capture ジャンク 船 Taiwan• 8 Javanese junk• 9 Accounts of medieval travellers• 10 Qing dynasty 19th century• 11 Modern period 20th century• 4 Notes• 5 See also• 6 References• 1 Works cited• 7 External links Etymology [ ] Naga Pelangi, after her circumnavigation sailing off Views diverge on whether the origin of the word is from a dialect of Chinese or from a Javanese word. :748 The word is recorded in an Old Javanese inscription of the 9th century AD. It entered ジャンク 船 Malay and Chinese languages by the 15th century, evidenced by a Chinese word list that identifies it as a Malay word for ship. :60 The late 15th century :39 ジャンク 船 jong frequently as the word for freight ships. :60 European writings from 1345 through 1601 use a variety of related terms, including jonque ioncque, ionct, giunchi, zonchi iuncque, joanga, juanga junco ionco, djonk, jonk :299 :60 These terms commonly used to describe all kinds of large ships encountered in the Southeast Asia, as well as Chinese ships. :204 :222 Construction [ ] — Benjamin Franklin, 1787 Similar wet wells were also apparent in Roman small craft of the 5th century ジャンク 船. Leeboards and centerboards [ ] Other innovations included the square-pallet Steering [ ] Junks employed stern-mounted rudders centuries before their adoption in the West for the simple reason that Western hull forms, with their pointed sterns, obviated a centreline steering system until technical developments in Scandinavia created the first, iron mounted, pintle and gudgeon 'barn door' western examples in the early 12th century CE. A second reason for this slow development was that the side rudders in use were still extremely efficient. History [ ] Spring and Autumn period 8th—5th century BC [ ] Mariners were sailing between islands to cross the Yuhuang. Yuhuang was equipped with sails: "From the Yuhuang to the small boats, all unfurled sails like clouds and displayed awnings like rainbow. " Warring States and Qin period 5th—3rd century BC [ ] Because of fables that there were islands to the east that possessed the elixir of immortality, Han to Northern and southern dynasties era 2nd—6th century [ ] The Chinese engaged in cross-ocean expeditions by the 2nd century BC. li southeast of Linhai and appears to have been Manguin, Pelliot, Ferrand, Miksic, and Flecker, amongst other, believe that the ships used by Chinese travelers were mostly foreign ジャンク 船 origin, and Chinese ships were rarely used on the Southeast Asian voyages until the 9th century AD. :20—21 Chinese ships did exist — but they're essentially fluvial riverine in nature and operation. :20 Large kunlun bo or [ citation needed]. They were booked by Chinese Buddhist pilgrims for passage to Southern India and Sri Lanka. :34—36 The 3rd century book " Strange Things of the South" 南州異物志 by Wan Chen 萬震 describes one of these Austronesian ships as being capable of 600—700 people together with more than 10,000 hu 斛 of cargo 250—1000 tons according to various ジャンク 船 tons :262 The ships could be more than 50 meters in length and had a :347 He explains the ships' sail design as follows: The people beyond the barriers, according the size of their ships, sometimes rig as many as four sails which they carry in row from bow to stern. The four sails do not face directly forward, but are set obliquely, and so arranged that they can all be fixed in the same direction, to receive the wind and to spill it. Those sails which are behind the most windward one receiving the pressure of the wind, throw it from one to the other, so that they all profit from its force. If it is violent, the sailors diminish or augment the surface of the sails according to the conditions. This oblique rig, which permits the sails to receive from one another the breath of the ジャンク 船, obviates the anxiety attendant upon having high masts. Thus these ships sail without avoiding strong winds and dashing waves, by the aid of which they can make great speed. Southern Chinese junks were based on keeled and multi-planked Austronesian ships known as po by the Chinese, from Javanese prau or Malay perahu — large ジャンク 船. :613 :193 :21 Southern Chinese junks showed characteristics of Austronesian ships that they are made using timbers of tropical origin, with keeled, V-shaped hull. This is different from northern Chinese junks, which are developed from flat-bottomed riverine ジャンク 船. :20—21The northern Chinese junks were primarily built ジャンク 船 pine or fir wood, had flat bottoms with no keel, water-tight bulkheads with no frames, transom squared stern and stem, and have their planks fastened with iron nails or clamps. :613—614 Sui to the rise of Song dynasty 7th century—10th century [ ] In 683 AD, Tang court sent an envoy to :22 Wang Gungwu stated that there are no records from :107 Wang also noted that the ships used by Chinese pilgrim and travelers were K'un-lun ships or Indian ships. :73,103 Chinese and Korean ships sailed to :21 Song dynasty 10th—13th century [ ] Main article: In 989 AD the Song court permitted private Chinese ships to trade overseas. :21 The ships of the Song, both mercantile and military, became the backbone of the navy of the following Yuan dynasty. In particular the :22 :102 By using the ratio between the number of soldiers and ships, Nugroho concluded that each ship may carry a maximum capacity of 30 or 31 men, :128 while using data presented by John Man would result in a capacity of 29—44 men per ship. :306 David Bade estimated a capacity of 20 to 50 men per ship during the Java campaign. :46 Yuan dynasty ジャンク 船 century [ ] Yuan dynasty ships carry on the tradition of Song, the Yuan navy is essentially ジャンク 船 navy. liao or 1520—1860 tons burden would carry 500—600 men, and the second class 1,000—2,000 liao would carry 200—300 men. liao may have a hull length twice that of liaoThe enormous dimensions of the Chinese ships of the Medieval period are described in ジャンク 船 sources, and are confirmed by Western travelers to the East, such as …We stopped in the port of junksmiddle sized ones called zaws a. Zaitun ; today's parallel walls of very thick wooden planking are raised and across the space between them are placed very thick planks the bulkheads secured longitudinally and transversely by means of large nails, each three ells in length. When these walls have thus been built the lower deck is fitted in and the ship ジャンク 船 launched before the upper works are finished. Ming ジャンク 船 15th—17th century [ ] Expedition of Zheng He [ ] The largest junks ever built were possibly those of Admiral [• Horse ships, carrying tribute goods and repair material for the fleet Eight-masted junks, about 340 feet long and 140 feet wide• Supply ships, containing food-staple for the crew Seven-masted junks, about 260 feet long and 115 feet wide. Troop transports Six-masted ジャンク 船, about 220 feet long and 83 feet wide. Fuchuan warships Five-masted junks, about 165 feet long. Patrol boats Eight-oared, about 120 feet long. Water tankers, with 1 month's supply of fresh water. Louise Levathes suggests that the actual length of the biggest treasure ships may have been between 390—408 feet 119—124m long and 160—166 feet 49—51m wide. Comparing to other Ming records, the Chinese seem to have exaggerated their dimensions. European zhang 90, 120, 150, and 180 m. ジャンク 船 ban [ ] Main article: Javanese junks differed from Chinese junks in several respects. The Javanese junk was made of very thick wood, and as the ship got old, it was fixed with new planks, this way they have 3—4 planks, stacked together. The rope and the sail were made with woven :191—192 jati wood teak at the time of this report 1515at that time Chinese junks are using softwood as the main material. :145 The jong's hull is formed by joining planks and keel by wooden dowels, without using iron bolts or nails and a frame except for subsequent reinforcement. The planks are perforated by an auger and inserted with dowels, which remain inside the fastened planks, not ジャンク 船 from the outside. :267—268 On some of the smaller vessels parts may be lashed together with vegetable fibers. The hull was pointed at both ends, they carried two rudders and used :37 It differed markedly from the Chinese vessel, which had its hull fastened by iron nails and strakes to a frame and to bulkheads. The Chinese vessel had a single rudder on a transom stern, and except in :58 Encounters with giant jongs were recorded by Western travelers. :58 Portuguese recorded at least two encounters with large jongs, one was encountered off the coast of Pacem :62—64 cruzado :151—152 The Chinese banned foreign ships from entering Guangzhou, fearing the Javanese or Malay junks would attack and capture the city, because it is said that one of these junk would rout twenty Chinese junks. :122—123 The main production location of jong was mainly constructed in two major shipbuilding centers around Java: north coastal Java, especially around :132 :377 :250 Accounts of medieval travellers [ ] They build some ships much larger than ours, capable of containing 2,000 tons in size, with five sails and as many masts. The lower part is constructed with of three planks, in order to withstand the force of the tempest to which they are much exposed. But some ships are built in compartments, that should one part is shattered, the other portion remaining intact to accomplish the voyage. Other translations of the passage give the size as 2000 butts, vegetes, that is Also, in 1456, the The ships called junks lit. "Zonchi" that navigate these seas carry four masts or more, some of which can be raised or lowered, and have 40 to 60 cabins for the merchants and only one tiller. They can navigate without a — Text from Fra Mauro map, 10-A13, Qing dynasty 19th century [ ] Large, ocean-going junks played a key role in Asian trade until the 19th century. One of these junks, At sea, junk sailors co-operated with their Western counterparts. For example, in 1870 survivors of the English barque Humberstone shipwrecked off Formosa, were rescued by a junk and landed safely in Macao. Modern period 20th ジャンク 船 [ ] Sin Tong Heng and a Tek Hwa Seng in the In 1938, E. Allen Petersen escaped the advancing Japanese armies by sailing a 36-foot 11m junk, Hummel Hummel, from Shanghai to California with his wife Tani and two In 1955, six young men sailed a Free China ジャンク 船 captured on film and their arrival into San Francisco made international front-page news. The five Chinese-born friends saw an advertisement for an international trans-Atlantic yacht race, and jumped at the opportunity for adventure. They were joined by the then US Vice-Consul to China, who was tasked with capturing the journey on film. Enduring typhoons and mishaps, the crew, having never sailed a century-old junk before, learned along the way. The crew included Reno Chen, Paul Chow, Free China and her crew arrived in San Francisco Bay in fog on August 8, 1955. Shortly afterward the footage was featured on ABC television's Bold Journey travelogue. Hosted by John Stephenson and narrated by ship's navigator Paul Chow, the program highlighted the adventures and challenges of the junk's sailing across the Pacific, as well as some humorous moments aboard ジャンク 船. In 1959 a group of Rubia. After their successful journey this junk was anchored as a tourist attraction at one end of Barcelona harbor, close to where Santa Maria during the 1960s and part of the 1970s. In 1981, Christoph Swoboda had a 65 feet LoA Bedar built by the boatyard of Che Ali bin Ngah on Duyong island in the estuary of the Terengganu river on the East coast of Malaysia. The Bedar is one of the two types of Malay junk schooners traditionally built there. He sailed this junk with his family and one ジャンク 船 to the Mediterranean and then continued with changing crew to finally finish a circumnavigation in 1998. He sold this vessel in 2000 and in 2004 he started to build a new junk in Duyong with the same craftsmen: the Pinas or Pinis Notes [ ]• 2012. "Unit 14: Asian Shipbuilding Training Manual for the UNESCO Foundation Course on the Protection and Management of the Underwater Cultural Heritage ". Training Manual for the UNESCO Foundation Course on the Protection and Management of Underwater Cultural Heritage in Asia and the Pacific. Bangkok: UNESCO Bangkok, ジャンク 船 and Pacific Regional Bureau for Education. 978-92-9223-414-0. Crossley, Pamela Kyle, Daniel R. Headrick, Steven W. Hirsch, Lyman L. Johnson, and David Northrup. "Song Dynasty. " The Earth and Its Peoples. By Richard W. Bulliet. 4th ed. Boston: Houghton Mifflin, 2008. 279—80. Print. Retrieved 2020-04-13. ジャンク 船 Salt-stained book, Golden Duck, 2011, p127• 1906. The Philippine Islands, 1493-1898. zdic. net. Zoetmulder, P. 1982. Old Javanese-English dictionary. The Hague: Martinus Nijhoff. 9024761786. Charting the Shape of Early Modern Southeast Asia. Silkworm Books. 9747551063. Reid, Anthony 1993. Southeast Asia in the Age of Commerce 1450-1680. Volume Two: Expansion and Crisis. New Haven and London: Yale University Press. cnrtl. fr in French. Retrieved 2018-03-30. Galang, R. 1941. The Philippine Journal of Science. 75: 287—304. Mahdi, Waruno 2007. Malay Words and Malay Things: Lexical Souvenirs from an Exotic Archipelago in German Publications Before 1700. Otto Harrassowitz Verlag. 9783447054928. 'The Vanishing Jong: Insular Southeast Asian Fleets in Trade and ジャンク 船 Fifteenth to Seventeenth Centuries ', in Anthony Reid ed.Southeast Asia in the Early Modern Era Ithaca: Cornell University Press197-213. Mahdi, Waruno 2007. Malay Words and Malay Things: Lexical Souvenirs from an Exotic Archipelago in German Publications Before 1700. Otto Harrassowitz Verlag. 9783447054928. Smyth, Herbert W 1906. Mast and Sail in Europe and Asia. New York: E. Dutton. 397. Dix, President Dudley 2013-09-23. Lulu Press, Inc. 9781105651120. Mudie, Rosemary; Mudie, Colin 1975The history of the sailing ship, Arco Publishing Co.p. 152, 9780668037808• Platt, Brian 2001. friend. net. Retrieved 13 August 2009. The masts, hull and standing rigging" section, paragraph 2• thomashoppe. net. Retrieved 2009-08-13. Materials and dimensions" section, paragraph 5• Needham, Volume 4, Part 3, 469. Benjamin Franklin 1906. The writings of Benjamin Franklin. The Macmillan Company. Retrieved 5 October 2012. The Oxford Handbook of Maritime Archaeology, p. 185. Stephen Davies, On courses and course keeping in Ming Dynasty seafaring: probabilities and improbabilities, "Mapping Ming China's Maritime World", Hong Kong: Hong Kong Maritime Museum, 2015. Lawrence W. Konstam, Angus. 2007. Pirates: Predators of the Seas. 23-25• "Early Voyaging in the South China Sea: Implications on Territorial Claims". Nalanda-Sriwijaya Center Working Paper Series. 19: 1—53. Kang, Heejung 2015. PDF. Kemanusiaan. 22 1 : 27—52. Dick-Read, Robert 2005. The Phantom Voyagers: Evidence of Indonesian ジャンク 船 in Africa in Ancient Times. Thurlton. "Trading Ships of the South China Sea. Shipbuilding Techniques and Their Role in the History of the Development of Asian Trade Networks". Journal of the Economic and Social History of the Orient. 36 3 : 253—280. Bulletin of the School of Oriental and African Studies, University of London. 19: 345—353. " Strange Things of the South", Wan Chen, from Robert ジャンク 船 2012. Chattopadhyaya ジャンク 船History of science, philosophy, and culture in Indian Civilization, Volume III, part 7: The trading world of the Indian Ocean, 1500-1800, pp. 597-629. Delhi, Chennai, Chandigarh: Pearson. Rafiek, M. December 2011. "Kapal dan Perahu dalam Hikayat Raja Banjar: Kajian Semantik". Borneo Research Journal. 5: 187—200. Sunyoto, Agus 2017. Atlas Walisongo. South Tangerang: Pustaka IIMaN. "The Nanhai Trade: the early History of the Chinese Trade in the South China Sea". 182 3 : 3—135. Worcester, G. 1947. The Junks and Sampans of the Yangtze, A Study in Chinese Nautical Research, Volume I: Introduction; and Craft of the Estuary and Shanghai Area. Shanghai: Order of the Inspector General of Customs. Singapore and the Silk Road of the Sea, 1300—1800. Singapore: NUS Press. 978-9971-69-574-3. Nugroho, Irawan Djoko 2011. Majapahit Peradaban Maritim. Jakarta: Suluh Nuswantara Bakti. 978-602-9346-00-8. Man, John 2012. Kublai Khan: The Mongol King Who Remade China. Reading: Random House. 9781446486153. Bade, David W. 2013Of Palm Wine, Women and War: The Mongolian Naval Expedition to Java in the 13th Century, Singapore: Institute of Southeast Asian Studies• Lo, 2012: 246• Wake, 1997: 57, 67. Wake, 1997: 66-67. Sen, Tansen 11 September 2015. Buddhism, Diplomacy, and Trade: The Realignment of India—China Relations, 600—1400. 9781442254732. Levathes, Louise 1996. When China Ruled the Seas: The Treasure Fleet of the Dragon Throne, 1405-1433. New York: Oxford University Press. 47-51, reprinted in Zheng He yanjiu ziliao huibian 鄭和研究資料匯編 1985pp. 268-272. Xin Yuan'ou 2002. Guanyu Zheng He baochuan chidu de jishu fenxi[ A Technical Analysis of the Size of Zheng He's Ships]. Shanghai. Dandan, Chuan 2017. Heng, Derek 2019. Oxford Research Encyclopedia of Asian History: 1—29. 9780190277727. Stanley, Henry Edward John 1866. A Description of the Coasts of East Africa and Malabar in the Beginning of the Sixteenth Century by Duarte Barbosa. The Hakluyt Society. Michel Munoz, Paul 2008. Early Kingdoms of the Indonesian Archipelago and the Malay Peninsula. Continental Sales. 396—397. 978-9814610117. London: The Hakluyt Society. 9784000085052. This article incorporates text from this source, which is in the. Manguin, Pierre-Yves September 1980. "The Southeast Asian Ship: An Historical Approach". Journal of Southeast Asian Studies. 11 2 : 266—276. Mills, J. 1930. Journal of the Malayan Branch of the Royal Asiatic Society. Salonia, Matteo February 2019. International Journal of Maritime History. 31: 3—18. Lettera di Giovanni da Empoli, in• Birch, Walter de Gray 1875. The Commentaries of the Great Afonso Dalboquerque, Second Viceroy of India, translated from the Portuguese edition of 1774 volume 3. London: The Hakluyt Society. Lendas da India por Gaspar Correa Tomo II. Lisboa: Academia Real das Sciencias. 216-219. Rouffaer, G. 1915. Den Haag: 'S-Gravenhage M. Nijhoff. Tarling, Nicholas 1992. The Cambridge History of Southeast Asia: Volume One, From Early Times to c. 1800. Cambridge University Press. 0521355052. London: The Hakluyt Society. This article incorporates text from this source, which is in the. Major, ed. 1857India in the Fifteenth Century, Hakluyt Society, p. 27 Discussed in Needham, Science and Civilisation in China,• Major, R.ed. 1857India in the Fifteenth Century, Hakluyt Society, p. Wake, 1997: 58• Lewis, 1973: 248. Robinson, Annie Maritime Maryport Dalesman 1978 p. The New York Times. 14 June 1987. Jose Maria Tey, Hong Kong to Barcelona in the Junk "Rubia", George G. Ltd, London 1962• Church, Sally K. 2005PDFMonumenta Serica Institute, 53: 1—43,• Dreyer, Edward L. 2007. Zheng He: China and the Oceans in the Early Ming, 1405—1433. Library of World Biography. New York: Pearson Longman. 978-0-321-08443-9. Howard, Frank 1979Sailing ships of war, 1400-1860, Conway Maritime Press• Lo, Jung-pang 2012 [1957], Elleman, Bruce A.China as Sea Power 1127-1368: A Preliminary Survey of the Maritime Expansion and Naval Exploits of the Chinese People During the Southern Song and Yuan Periods, Singapore: NUS Press• Murray, William Michael 2014The Age of Titans: The Rise and Fall of the Great Hellenistic Navies, Oxford University Press, 9780199382255• Naiming, Pang 2016"船坚炮利:一个明代已有的欧洲印象 Ship and Guns: An Existing European Impression of the Ming Dynasty ", 史学月刊 History Monthly2: 51—65• Needham, Joseph 1986Science and Civilization in China, Volume 4, Physics and Physical Technology, Part 3, Civil Engineering and Nautics, Taipei: Caves Books Ltd. Wake, Christopher 1997"The Great Ocean-Going Ships of Southern China in the Age of Chinese Maritime Voyaging to India, Twelfth to Fifteenth Centuries", International Journal of Maritime History, 9 2 : 51—81,• Wake, Christopher 2004International Journal of Maritime History, 16: 59—76, External links [ ]• Alemannisch• Dansk• Deutsch• Eesti• Esperanto• Euskara• 한국어• Hrvatski• Ido• Bahasa Indonesia• Italiano• Latina• Magyar• Bahasa Melayu• Nederlands• 日本語• Occitan• Polski• Simple English• Suomi• Svenska•。 。 。 。

 805年、日本に茶が伝来し、日本茶の歴史が始まったといわれています。実際のところ、その時代では、貴士族の嗜好品に過ぎなかったようです。これが江戸時代に入り、いまでいう「煎茶」の製法技術が完成、そこからようやっと庶民の手に届くようになっていきます。そして今日では、緑茶は私達の生活に欠かせない飲料として流通されています。Green Teaとして世界にも知られる、日本の伝統的飲料の一つです。

 日本を代表する伝統を重んじた飲料ではありますが、そんな緑茶にも1985年に大変革がやってきました。かつては誰もが急須を用い、楽しんでいた緑茶を、(株)伊藤園さんらが新技術に挑戦、「缶入り緑茶飲料」の開発と発売に成功(シャア 専用 ザク 1します。さらに、1990年には「ペットボトル入りの緑茶飲料」が完成、どこでも、飲みたいときにお茶が飲めるなどとして、日本の消費者に受け入れられ、成長していきます。キリンビバレッジの生茶が生まれると生産量は一気に増加、さらに、サントリーさんの伊右衛門の登場により緑茶飲料のシェアを盤石のものとなりました。このような緑茶飲料の市場規模は、毎年、右上がりの推移を示しており、食品業界の飲料部門としてはとても優良な製品として評価されています。

 缶入り緑茶飲料がリリースされたころは、甘くない飲み物やそもそも緑茶お金を払って買うという感覚は、消費者にハードルがあったようですが、いまや完全に私たちの生活に定着し、コンビニエンスストアなどに足を運べば、迷うほど多くの銘柄が販売されるようになり、それらを選ぶ楽しみもできました。さらには、緑茶の持つ健康成分に着目し、保健、健康的な要素を加えた製品も増えつつあります。

 ペットボトルにしてでもお茶が飲みたいと思うほどお茶好きの日本人だからこそ生まれてきた、新しいお茶文化の一つだともいえるでしょう。今日、私たちは、ペットボトル緑茶も急須で入れた緑茶も、「同じ緑茶」として受け入れ、飲むようになっています。

 でも、両者には茶生産のことを考えたくなる違いがあることはあまり知られていません。ここでは、その違いと背景に触れられるショートレポートを紹介しています。

 今回、市販のペットボトル入り緑茶飲料について、緑茶の美味しさの指標の一つである「うま味・甘み」成分について、ポストカラム誘導体化アミノ酸分析計を用いた比較調査をおこないました。大手メーカーさんによる製品には、「うま味・甘み」にどのような特徴があるのかを知ることができる調査です。
  さらに、便利で手軽に飲むことができるペットボトル入り緑茶飲料と、急須で入れたお茶には、「うま味・甘み」にどのような違いがあるのかを見つめ直してみる比較試験も実施しました。

 なお、緑茶の美味しさは、主に「苦味・渋味」と「うま味・甘み」のバランスで決まります(もちろん、他に香り、水色などもあります。またうま味・甘味成分が多くても、一方で苦味渋味成分が多ければ、それほどうま味や甘みを強く実感できないこともあります。2つのバランスは奥深いのです。)。「うま味・甘み」は、テアニンとグルタミン酸と呼ばれる成分が中心です。これらの成分が多ければ多いほど私たちの味覚は「うま味・甘み」を強く感じます。特に、テアニンの数値は、新茶や丹念に育て作られた緑茶、また高級な茶葉ほど高い数値を示す特徴があるとされています(図2)。緑茶飲料に含まれるテアニン含有量は、抽出の仕方だけでなく、使用した茶葉の使用量、品質、価格などをある程度反映してきます。あまり正確な表現ではありませんが、大雑把に言えば、テアニンが多い緑茶飲料は、よいお茶を贅沢に、丁寧に使用している、とみることもできるということです。

 さて、みなさんがひいきにする製品中のテアニン、グルタミン酸含有量は、どんな傾向があるでしょう。以下の分析結果を見てみてください。

 なお、「苦味・渋味」もお茶の美味しさにおいては重要な成分であり、今回の調査でも比較試験を実施したかったのですが、試験に必要となるカテキン類標準品が、大変高価なため、私たちの調査研究費ではとてもカバーできず、実施できていません。次回調査に向けて支援などをお願い致します。

  • ペットボトル入り緑茶飲料は、農民連食品分析センター近隣の商店にて、2017年5月21日、6月21日に購入し、検査に使用しました。比較対象とした茶葉は、2017年4月30日に購入したものです。
  • 比較対象とした煎茶は、茶葉10gを90度の水道水430mlで1分抽出したものを試験に利用しました(文部科学省:食品標準成分表:し向飲料類:茶類:(緑茶類):せん茶:浸出液による)。
  • ロット違いによる品質差の追跡は、今回の調査ではおこなえていません。
  • テアニンおよびグルタミン酸の定性と定量は、ポストカラム誘導体法を利用した高速液体クロマトグラフによる分析になります。
    • テアニンおよびグルタミン酸の定性定量
      島津製作所製ポストカラム誘導体化アミノ酸分析システム
      データ処理:ClassVP ver.3
市販ペットボトル茶のうま味・甘み成分比較調査結果(2017)
ID
 
サンプル名
販売者・生産者・購入店

グルタミン酸
(mg/100ml)

テアニン
(mg/100ml)

1

じゃがいも レンジ 簡単 おかず

コニー 抱っこ 紐 使い方

お〜いお茶1

容量:
試験日:17.06.08

販売者:株式会社伊藤園
購入店:セブンイレブン板橋大山店

内容量:525ml
希望小売価格:140円

0.6

2.7

7

シュレッダー はさみ 海苔

スカーゲン 電池 交換

お〜いお茶2

容量:
試験日:17.07.18

販売者:株式会社伊藤園
購入店: セブンイレブン板橋大山店

内容量:525ml
希望小売価格:140円

0.3

2.1

2

コンドロ クラディア

コスプレ エロ

綾鷹

容量:
試験日:17.06.08

販売者:日本コカ・コーラ株式会社
購入店:セブンイレブン板橋大山店

内容量:525ml
希望小売価格:140円

0.2

2.1

3

サバーファーム

シノビ ストライカー 忍術 一覧

伊右衛門1

容量:
試験日:17.06.08

販売者:サントリー食品インターナショナル株式会社
購入店: セブンイレブン板橋大山店

内容量:525ml
希望小売価格:140円

0.4

4.2

8

サワヤン 確定 演出 曲

コロナ ワクチン 抗生 物質 飲み 合わせ

伊右衛門2

容量:
試験日:17.07.18

販売者:サントリー食品インターナショナル株式会社
購入店: セブンイレブン板橋大山店

内容量:525ml
希望小売価格:140円

1.2

4.9

4

ズーフィリア

げんき 堂 整骨 院

お〜いお茶新茶

容量:
試験日:17.06.08

販売者:株式会社伊藤園
購入店:みらべる大山店

内容量:400ml
希望小売価格:140円

0.8

12.2

5

スピーダー nx に 合う ヘッド

ジョセフ ジョー スター 飛行機

綾鷹にごりほのか

容量:
試験日:17.06.08

販売者:日本コカ・コーラ株式会社
購入店: みらべる大山店

内容量:525ml
希望小売価格:140円

0.1

1.7

6

スカッ と ジャパン 作り話

コスモ スポーツ クラブ

生茶

容量:
試験日:17.06.08

販売者:キリンビバレッジ株式会社
購入店: みらべる大山店

内容量:525ml
希望小売価格:140円

0.3

3.2

9 サイクロン 号

比較対象
煎茶(2017新茶)
試験日:17.07.18

生産者:人と農・自然をつなぐ会
購入先:人と農・自然をつなぐ会

内容量:100g(茶葉)
希望小売価格:800円

2.8

13.0

*結果は本試料についてのみ有効で、製品全ての含有量を反映するものではありません。

図1 各製品ごとのグルタミン酸およびテアニン含有量比較

  • お〜いお茶新茶を除く、いわゆるメジャーな製品群で、テアニン含有量がもっとも高い数値を示したのが、サントリーさんが販売する伊右衛門でした。続いて、生茶でした。そして、お〜いお茶と綾鷹は同程度の結果となりました。
  • 今回、テストした製品で、比較対象の急須で抽出した煎茶より高い濃度で、グルタミン酸およびテアニン含有量を含む製品はありませんでした。
  • サントリーさんが販売する伊右衛門は、コサージュ フォーマル上で、主要4ブランド製品とテアニン含有量を比較した場合、含有量がNo.1であることを紹介しています。ページによれば、伊右衛門は、ペットボトル525mlあたり34.4mgのテアニンを含むと紹介しています。今回の調査で、得られた結果は、100mlあたり、およそ4〜6mgとなっていますので、概ね測定値と同じとなっています。今回の測定結果の方がやや少なめの数字になりますが、これは分析作業で行う精製工程での回収率の影響を受けたものと考えられます。
  • キリンビバレッジ株式会社さんの生茶は、うま味を補う目的で、「まる絞り生茶葉抽出物」が添加されています。テアニン含有量には、この抽出物によるプラス分が含まれていると考えられます。Webページによれば、生茶の製造は、「日本のお茶を変えたい、急須で入れたお茶が本当においしいお茶なのだろうか?」というコンセプトで製品作りをスタートしていることがわかります。急須よりおいしく抽出する方法と、美味しさを求め、味を調える方法を追求している商品であることがわかります。この点に関しては、他社と一線を画していると言えるでしょう。
  • 今回検査した製品のうち、テアニン含有量が最高値を示したのは、伊藤園さんの「お〜いお茶新茶」でした。この製品は、比較対象となっている急須で入れた煎茶に並ぶ数字だといってもよいレベルでした。実際に、スタッフ3名による試飲で、もっとも好評であったのもこの製品でした。甘み、うま味が他製品より明らかに違うレベルであることが実感できるものでした。
    この製品は、 一本あたりの内容量は400mlと通常の製品と比べ少なめことから、ml単価が高い製品にあたります。量を減らすことで、一本あたりの茶葉の単価(または茶葉使用量)をどの程度プラスに貢献できるかは確認できませんが、国産の新茶を100%使用する点で、茶葉単価が高い製品であることはうかがえます。また抽出は氷水出しという、甘み、うま味を引き出す方法である点も数値が高い理由であると考えられます。製品のしゃぶ 葉 食べ 放題 時間 制限の紹介にもあるように、お茶をよく知る古参の伊藤園さんが、使用する茶葉の単価を上げた渾身の製品ラインに位置づけられていることがうかがえるものです(スズキ 新型 ジムニー 5 ドア 発売 日)。にごりや抽出物を加える方法などで製品を差別化したり、製品の個性化を図っていく緑茶飲料が増えていくと感じられるなかで、茶葉の品質そのものという、ど真ん中に立ち返った製品作りがはっきりと見えた結果であると感じました。
  • いずれのペットボトル入り緑茶飲料も、テアニン含有量に差があるだけでなく、急須に比べれば、含有量がぐっと少ない結果となっています。これだけ急須で入れたお茶との差があれば、お茶の味が薄いのではないかという、疑問が湧きます。しかし、いずれの製品も、緑茶として楽しむには十分な「お茶の味」がします。これは、苦味、渋味成分にあたるカテキン類などは、どの製品でも十分な量含まれているからだと考えられます。ペットボトル緑茶飲料飲むとき、私たちは緑茶の美味しさの片方「渋味」をメインにして楽しんでいると言えるかと思います。今回は、資金的理由で、検査できていませんが、試験を行えば、おそらくどの製品も十分な含有量を示すと考えられます。
  • 分析条件の項目でも記述しましたが、緑茶の美味しさは、「渋味」と「うま味・甘み」のバランスで決まります。「うま味・甘み」は、テアニンとグルタミン酸と呼ばれる成分が中心です。これらの成分が多ければ多いほど私たちの味覚は「うま味・甘み」を強く感じます。
  • 特に、テアニンの数値は、新茶や丹念に育て作られた緑茶、また高級な茶葉ほど高い数値を示す特徴があるとされています(図2 緑茶中の遊離アミノ酸分析のための資料前処理方法, 東京家政大学, 桑野和民他)。緑茶飲料に含まれるテアニン含有量は、茶葉の使用量、品質、価格などをある程度反映してきます。

    図2 製品100gあたりの価格と茶葉100gあたりに含まれるテアニン含有量の関係

    (緑茶中の遊離アミノ酸分析のための資料前処理方法, 東京家政大学, 桑野和民他)
  • 1997年から2013年にかけて、一人あたりの年間茶葉購入量と購入単価の関係をまとめたグラフ(図3)を見ると、年々、購入量、単価とも下がっていることがわかります。つまり、この頃の私たち日本人は、お茶を茶葉で買って飲まなくなり、またお金をかけなくなってきているということになります。茶葉の購入量が下がっているのは、茶葉でお茶を入れる習慣が無くなってきていることを表していると考えられます。これまでは茶葉を購入し、急須で入れていたものが、茶葉ではなくペットボトル入り緑茶飲料に置き換わっていっていることが推測されます。急須でも飲んで、さらにペットボトルでもお茶を飲む、のように、ペットボトル入り緑茶飲料が増えてきたからといって、一日に飲むお茶の総量が、2倍や3倍になるというような飲み方はしないでしょうから、ペットボトルを飲んだ分だけ急須での飲用量が減り、それが結果的に個人による茶葉の購入量が減っているということになるでしょう。

    図3 一人あたりの年間茶葉購入量と購入単価

    (公益社団法人 日本茶業中央会「平成26年茶関係資料」より)
  • 緑茶飲料は、炭酸飲料、コーヒー飲料等、ミネラルウォーターと並ぶ高い生産量の商品です。(スキー グローブ おすすめ)。
    甘い飲料を飲むより、やはりすっきりとしたお茶がいい、そんなニーズを受けとめて緑茶飲料の生産量は高い水準にあり、年およそ270万キロリットルとなっています。これを日本の総人口で割れば、一人年20リットル程度を消費している計算になります。
  • これだけ緑茶飲料が売れているなら、お茶農家はさぞかし儲かっているのだろうと思うかもしれませんが、現実はそうはなっていません。荒茶の生産者価格は、ペットボトル入り緑茶飲料の生産量増加を反対になぞるように、推移、低迷を続けています(図4)。複数の生産者、生産組合から伺った話によれば、緑茶飲料に使われる茶葉のメイン原材料には低価格のものを選ぶメーカーが多いのだそうです。その結果、低価格の茶葉に需要が集中するため、全体的な市場価格が引きずられたり、本来売れて欲しい一番茶や技術を凝らした茶葉の需給にも影響を与えている実態があるとのことです。茶農家としては、お茶はぜひ急須で入れて飲んで欲しい、と感じているようです。
  • 公益社団法人 日本茶業中央会「平成26年茶関係資料」によれば、ペットボトル入り緑茶飲料で使用される茶葉の量は、500mlあたり5g程度と見積もられています。これはあくまで平均的な使用量であって、完成する製品の目指す味わいによって変わってくると考えられますが、一般的な急須での入れ方よりは、やや少ない傾向があるかもしれません。試験場の報告ややレシピなどをいくつか参考にすると、急須でお茶を入れる場合は、500mlのお湯に、7~20gほどのゾーンにおさまる様でした。もちろん、この茶葉の量も、目指すお茶の味によって変動すると言えますが、急須で入れる場合のほうが、茶葉の使用量は多くなる傾向がありそうです。各メーカーでは、抽出効率を工夫した製造を行っていることが紹介されており、茶葉あたりの抽出効率は、急須よりかなり高いのではないでしょうか。
  • ペットボトル緑茶が売れていく一方で、そのお茶生産の文化、技術を引き継ぎ、育ててきた茶生産者が生産を続けられないような価格が続くことは望ましくないと言えます。茶好きの日本人だからこそ生まれたペットボトル入り緑茶飲料ですが、うっかりするとお茶文化の首を絞めかねない背景が統計資料から見えてきます。採算性を重視した茶葉を選択するペットボトル入り緑茶飲料の製品製造ラインから、伊藤園さんの製品、お〜いお茶新茶、のような発想の製品に変えていくことはなかなか難しいことだと考えられますが、やはり、かつてのように急須の湯気の向こうに、生産者の顔が見えるような茶葉でのお茶も楽しんでいけたら、日本の茶文化の将来は楽しみになるなと、分析現場で強く感じる結果となりました。みなさん、たまには急須でお茶を入れて飲みましょう。

    図4 緑茶飲料の生産量と荒茶の生産者価格推移

    (公益社団法人 日本茶業中央会「平成26年茶関係資料」より)

こみ やま そう  クラウドファンディングReadyforで、今回のお茶の調査のような市場調査を行うための支援資金をお願いしています。こちらのほうの支援もよろしくお願い致します。国産鶏卵の残留農薬分析をみんなの手でおこなおうというプロジェクトです。

くろ かわ みちこ 小児科 クリニック

シビック タイプ r fd2  1996年の設立以来、私たちの調査活動は、募金で運営されています。消費者や農民の立場に立った活動を続けていくためにも、みなさんからの支援が欠かせません。

しゃんしゃん 方言

 調査をおこなうには、試薬や機器稼働のための資金が必要です。募金での支援もどうぞよろしくお願いいたします。

 まず以下までお電話をください。

農民連食品分析センター
TEL:03-5926-5131
FAX:03-3959-5660
Email power8@nouminren.ne.jp