指示に従って、Beret錠剤は抗潰瘍剤の数に比例し、H-K-ATPaseまたはプロトンポンプの阻害剤である。この薬物は、頭頂胃細胞における酵素H-K-ATPアーゼを阻害することによって作用し、塩酸の最終生成段階が阻止される。このような作用は用量依存性を特徴とし、刺激の性質にかかわらず、塩酸の分泌を刺激するだけでなく、基礎を阻害する。

ベレッタは違反に使用される薬です酸性度。これは、腸内で溶解する殻を有する両凸丸錠の形態で製造される。さらに、横断面には2つの層が設けられている。色 - 黄色の灰色がかった色合い。その製薬会社Veropharm(ロシア)が生産しています。

薬物の活性物質はナトリウムであるラベプラゾール、追加成分 - ジプロラーゼおよびジプロステロイドの低置換体、マンニトール、ステアリン酸マグネシウムおよび酸化マグネシウムの物質。内殻は、酸化マグネシウムおよびエチルセルロースを含む。

腸に溶ける殻には、アクリルイエローと、メタクリル酸コポリマーと、チタンおよび二酸化ケイ素コロイドと、黄色酸化鉄と、ラウリル硫酸ナトリウムと、重炭酸ナトリウムと、クエン酸トリエチルとを含む。これは「ベレッタ」錠剤の使用説明書によって確認されています。類似体を以下に示す。

それは、薬局で厚紙パックで販売されていますその中に7タブレットと10タブレットを含むコンターパックが封入されています。パックには2つのパッケージがありますが、1つでは14個のタブレットが含まれています。加えて、それらは、20または14個の錠剤を有するポリマーボトルを含む。

この薬は2年間保管することができますその生産後。温度は25度を超えてはいけません。薬物が保管されている場所には、子供のアクセスが制限されている必要があります。ベレットの錠剤への指示は他に何を伝えていますか?それを理解しよう。

ベレッタは使用される治療法ですプロトンポンプの阻害剤として突出している。薬物の機能のメカニズムは、特定の胃領域におけるポンプの酵素が阻害され、結果として酸生成の最終段階が阻止される、そのプロセスに基づく。

投薬を受けた後"ベレッタ"、それは消化管から吸収されます。 20ミリグラムの用量の治療効果は、3時間半で頂点に達する。 「ベレッタ」は、肝臓を通過するときに、約52%で生体利用可能である。しかし、この薬物の繰り返し使用は、バイオアベイラビリティの成長を促進しない。これはBeret錠剤への指示を示しています。

薬物の吸収はまた、その摂取および食物の時間によって影響されない。

ラベプラゾールなどの成分は、血漿タンパク質との会合のために97パーセントに応答する。この薬物の代謝は、特定のアイソザイムが関与する肝臓で行われます。

高齢の患者では、ラベプラゾールはより遅い。ベレット錠の適応症は何ですか?これについては後述する。

この薬は、苦しんでいる患者のために処方されている胃潰瘍、ならびに十二指腸潰瘍が挙げられる。特に悪化のために推奨されます。ほとんどの場合、特定の抗生物質と組み合わせて使用​​されます。さらに、この薬剤は小児の胃食道逆流の存在下で処方される。

この薬は、妊婦や授乳中の母親だけでなく、薬物の主要成分に特異的な感受性を有する患者にも使用すべきではありません。

指示に従って、Beret錠剤が示される内部受容のために、単回投与は10から20ミリグラムにすることができる。疾患の個々の特徴に応じて、医師は患者のための治療レジメンを処方する。

「ベレタ」には、その使用による副作用の非常に印象的なリストがあり、この薬を患者に処方する過程でそれらを考慮する必要があります。

消化器系は次のように反応します:

  • 吐き気、下痢、嘔吐、腹痛、便秘、鼓腸の発作;
  • 口内乾燥が起こりにくく、げっぷや消化不良が現れます。
  • 孤立した症例では、胃炎、食欲不振、口内炎、および肝臓トランスアミナーゼ活性の増加が認められました。

神経系は次の反応で反応することができます:
  • 頭痛、不眠症、めまい、無力症;
  • 頻度は少ない-眠気、緊張;
  • 非常にまれなケースです-味と視覚の欠陥、うつ病。

呼吸器系から:

  • 鼻炎、咳、咽頭炎が現れることがあります。
  • よりまれなケースでは、気管支炎、副鼻腔炎が発生する可能性があります。

アレルギー反応:

  • ごくまれに、皮膚の発疹が現れることがあります。
  • 孤立したケースでは、かゆみが発生する可能性があります。

その他のサイドサイン:

  • 背中の痛み、インフルエンザのような症候群;
  • ごくまれに-胸の痛み、筋肉のけいれん、寒気、筋痛;
  • 孤立した症例では、発汗または白血球増加症の増加、体重増加が記録されます。

ベレット錠を同時に服用する場合ケトコナゾールを使用すると、その生物学的利用能の特性が低下します。ジゴキシンと一緒に摂取すると、血漿中のこの薬剤の濃度が上昇する可能性があります。

臨床試験の過程で、毎日10または20ミリグラムのラベプラゾールナトリウムを投与されている患者。治療期間は最大43ヶ月です。同時に、血漿中のガストリンのレベルの増加が最初の2〜8週間に認められました。これは、酸分泌の抑制効果の指標です。ガストリンの濃度は、主に治療終了後1〜2週間で初期状態に戻りました。これは、子供の胃食道逆流を治療するときに重要です。

人間の生検サンプルの分析中ラベプラゾールナトリウムまたは参照薬を8週間投与された500人の患者の洞および胃底の領域からの胃では、胃炎、腸の化生、萎縮性胃炎の頻度、またはヘリコバクターピロリ細菌の有病率の形態学的構造に安定した変化は見られませんでした。

研究への参加により400人以上ラベプラゾールナトリウムを1日10ミリグラムまたは20ミリグラムで1年間服用した人は、オメプラゾールと同等の過形成の発生率が低かった(1キログラムあたり20ミリグラム)。ラットで観察された腺腫性形質転換またはカルシノイド腫瘍の症例はありませんでした。

治療を開始する前に、あなたは排除する必要がありますラベプラゾールの使用は特徴的な症状を覆い隠し、正しい診断をしばらく延期する可能性があるため、悪性胃新生物の存在。患者が腎臓または肝臓の機能に欠陥がある場合、用量を調整する必要はありません。重度の肝機能障害では、ラベプラゾールを注意して使用する必要があります。

ジゴキシンとケトコナゾールをラベプラゾールと同時に服用する場合は、用量を調整する必要があります。

におけるラベプラゾールの発癌効果実験条件は確立されていませんが、変異原性の研究中にあいまいな結果が認められました。マウスでは、リンパ腫細胞の検査は陽性でしたが、invitroおよびinvivoのDNA修復検査とinvivoの微小核検査は陰性でした。これは、ベレットタブレットの使用説明書によって確認されています。

錠剤は、薬理学的効果が類似している同様の薬を持っていますが、それらのコストははるかに高くなっています。これらには、次の薬が含まれます。

  • ズルベックス。
  • パリエット。
  • 「ノフラックス」。
  • "定刻"。

これらの製品はすべて、ピルの形でも入手できます。

この医薬品の製造業者によるOJSC「ベロファーム」(ロシア連邦)です。この共同株式会社は、発行品質管理を含むすべての段階を管理します。医薬品、すなわちラベプラゾールナトリウムは、インドのメーカーであるNosh Labs PrivateLimitedによって製造されています。 Beretタブレットについてどのようなレビューが利用できるかを考えてみましょう。

薬「ベレット」のレビューに注意する必要がありますあまり多くないので、この薬の効果の有効性とその使用の安全性について明確な結論を出すことは非常に問題があります。しかし、有効成分であるラベプラゾールのレビューは、少量が使用されたとしても、この薬はかなり迅速に作用するはずであることを示唆しています。ベレットタブレットの疑いの余地のない利点は、類似体の価格と比較して、副作用の数が少なく、広く利用可能なコストです。

薬のプラスの効果があります酸性度と逆流の減少。出血性胃炎の矯正に非常に役立ちます。いくつかのレビューでは、薬の効果の一時的な性質が指摘されており、そのような場合、他の錠剤のコースが必要でした。

「ベレタ」は、平均して250ルーブル以下で、かなり許容できるコストであるという点で、同様の高価な薬とは異なります。