ゴキ ジェット プロ

4項目で納得!ゴキジェットプロの驚くべき効果と威力【プロ監修】


【してはいけないこと】• 人体に向かって噴射しないでください。 また、噴射気体を吸入しないでください。 40秒以上連続噴射しないでください。 冷蔵庫の裏などの噴射ガスが溜まりやすい場所に噴射するときは、使用量(隙間には約1~2秒)を守り決して過剰に噴射しないよう注意してください。 可燃性ガスが燃焼するおそれがあります。 【相談すること】• 万一身体に異常が起きた場合は、直ちに本品がピレスロイド系薬剤を含む商品であることを医師に告げて、診療を受けてください。 今までに薬や化粧品等によるアレルギー症状(例えば発疹・発赤、かゆみ、かぶれ等)を起こしたことのある人は使用前に医師又は薬剤師に相談してください。 【その他の注意】• 定められた使用方法、使用量を厳守してください。 皮膚、飲食物、食器、子供のおもちゃ、観賞魚、小鳥などのペット類、飼料、観賞植物にかからないようにしてください。 アレルギー症状や、かぶれなどを起こしやすい体質の人は、薬剤に触れたり、吸い込んだりしないようにしてください。 変色の恐れがあるので、家具、建具などに直接噴射しないでください。 火気(ガスコンロ、湯沸器、ストーブ、ファンヒーター等)のないことを確認のうえ、使用してください。 噴射中は噴射する人以外の入室を避け、噴射後は室内を十分に換気してから入室してください。 薬剤が皮膚についたときは、石けんを用いてよく洗ってください。 使用後は床が滑りやすくなるため注意してください。 換気してください。 【保管及び取扱上の注意】• 直射日光や火気を避け、子供の手の届かない涼しいところに保管してください。 缶のさびを防ぐため、水周りや湿気の多い場所に置かないでください。 【廃棄の方法】• 本品は使い切ってから捨ててください。 捨てるときは、風通しが良く火気のない屋外で噴射レバーを引き、噴射音が消えるまでガスを抜いて、燃えないゴミとして捨ててください。 その際、噴射レバーを引いたまま、スプレーキャップ側面の孔につまようじ等を差込むと、噴射レバーがロックされ最後までガスを抜くことができます。 噴射が不十分な場合は、つまようじ等を押し下げると最後まで噴射できます。 大量に使い残した缶の廃棄方法はお手数ですがアース製薬お客様からお気づきを頂く窓口にお問い合わせください。 その際、顔にかからないように注意すること。 【火気と高温に注意】 高圧ガスを使用した可燃性の製品であり、危険なため、下記の注意を守ること。 炎や火気の近くで使用しないこと。 火気を使用している室内で大量に使用しないこと。 高温にすると破裂の危険があるため、直射日光の当たる所やストーブ、ファンヒーターの近くなど温度が40度以上となる所に置かないこと。 火の中に入れないこと。 使い切って捨てること。

ゴキジェットプロの黒と緑の違いと黒をお勧めする理由


それではどうぞ! ゴキジェットで駆除できるゴキブリ以外の害虫4選 1.ムカデ ゴキジェットはムカデに効果的です、ムカデといえば足が何本もあって、見るからにグロテスクで気持ち悪いです。 しかし、ゴキジェットの優れたところはゴキブリ駆除の即効性だけではありません。 ゲジゲジに出会ったならば、ゴキジェットを吹きかけることをおすすめします。 実際に私がゴキジェットを使って駆除効果があった害虫を以下で紹介します。 ゴキジェット恐ろしやと私は驚きました。

ゴキジェットプロはハエに効果はあるの?大きいハエには?


【アスクル】 ゴキジェットプロ ゴキブリ 殺虫剤 スプレー 殺虫スプレー 駆除剤 退治 対策 撃退 強力 450ml 1本 アース製薬 通販" title="プロ ゴキ ジェット">
スプレーした後は、床がツルツルと滑りやすくなってしまうので注意しましょう。 梅雨時から夏にかけては、黒くてテカテカしているゴキブリが家の中に出て来る嫌な時期でもあります。 スキマに逃げ込んだら、逃げ込んだ場所にスキマ用ノズルで1秒から2秒噴射します。 ゴキブリはとても強い生き物なので、殺虫剤をふりかけても耐性がついてしまって死なないことがあります。 ・小型のゴキブリには1秒から2秒 ・大型のゴキブリには6秒から8秒 直接体全体にかかるように噴射します。

【アスクル】 ゴキジェットプロ ゴキブリ 殺虫剤 スプレー 殺虫スプレー 駆除剤 退治 対策 撃退 強力 450ml 1本 アース製薬 通販


1度目は普通に退治したのですが、数十分後にまた1匹。 変わったことと言えば近所の建物の取り壊しがあったくらいですが……。 してしまいました。 一生わからないでいたかった。 退治した場所はゴキブリがよく移動する場所なので、何も考えなくても退治ついでに待ち伏せできる。

ゴキジェットプロ 450mL


ブラックキャップでは駆除しきれなかったベランダ周りのゴキブリも、ゴッソリと一掃してくれた、まさに「我が家の救世主」です。 コスパは良くない 良い面悪い面がありますが、結局「待ちうけトラップ」を仕掛けるには多く噴射しなければなりません。 ちなみにですが、例えば「明らかにここ以外に侵入経路は無いだろう!」と思われる場所が特定出来ているのであれば、そこに噴射していれば効果を発揮すると思われます。 すぐに耐性が付くとは考えにくく、「危機管理能力が備わっているのか?」と疑いましたが、結局理由は分かりませんでした。
^
^