ジャイアント ベイト ロッド

【10oz対応】ジャイアントベイト&ビッグベイトロッド「様々な8本」


1 C610XXHはジャイアントベイト向けロッド• 2 C610XXHの性能• 3 C65XHとの使い分け• 4 ウェイト別・狙っているシーバスのサイズでの使い分け tailwalkのボートシーバス用ロッドBOATGAMER SSDシリーズに、新たにプロパーモデルとして3アイテム、15周年アニバーサリーモデルとして1アイテムが追加になりました。 今回は新たに追加になった計4つのモデルの中のプロパーモデルの中からC610XXHについてお伝えします。 C610XXHはジャイアントベイト向けロッド C610XXHは昨今ブームとなっている東京湾ボートシーバスのコノシロパターン向けのロッドで、特にジャイアントベイトと呼ばれるビッグベイトよりもさらに大型のルアー向けに作られたロッドです。 どこからがジャイアントベイトなの?という明確な基準はないと思いますが、最低でも20センチ100g以上のルアーをジャイアントベイトとして僕の中ではカテゴライズしています。 ジャイアントベイトと一言に言っても様々なルアーがあります。 大きく分けるとスイムベイト系とトップウォーター、この二つのルアーですが、この二つは同じジャイアントベイトでもロッドに求められる特性に違いがあります。 スイムベイトについてはまずほとんどのルアーがジョイントベイトです。 20センチ以上の大きすぎるジョイントベイトについては、空気抵抗面で不利になるのでなるべく飛距離を出したいと考えた時にレングスは長めのものが求められます。 また、リトリーブ中のバイトが多い釣りですので、バイトに対して乗りがいい柔軟性も求められます。 トップウォーターについては、ルアーにジョイントがなく空気抵抗面で有利となる為、飛距離よりもロッドアクションによる疲れの軽減と、ティップが水面を叩かない為のレングスの短さと、アクションをつける際に入力した力をそのまま伝える、ある程度の硬さが求められます。 このロッドに求められる性能が完全に相反しているこの二つのカテゴリーのルアーを共に快適に使用する事ができ、さらにBOATGAMER SSDシリーズ共通のコンセプトとしての、よく曲がって投げやすい、かけやすい、バレにくい、というコンセプトを高次元で達成したロッドがC610XXHです。 C610XXHの性能 まずこだわったのはレングスです。 個人的には7ft台になると、ロッドアクションをした時に手が辛くなる度合いが格段に上がってしまうので、7ft台にはしたくないという思いがありました。 ロッドアクション時に水面を叩いてしまう部分については、実際のところ乗る船や釣り座によっても違いますし、使う人の身長によっても使いやすいロッドというのは変わってしまいます。 硬さについてはXXHというほど硬くはありません。 スイムベイトでのバイトを弾くことなく乗せる為、さらににかけた魚をバラす事なくランディングする為に、しっかりと曲がってくれることをコンセプトとしているためです。 また必要以上のパワーを持たせることで、ブランクスが太くなってしまい重くなってしまいますので、軽量化という部分でも無駄なパワーを持たせたくありませんでした。 BOATGAMER SSDシリーズのしっかり曲げて飛ばすというコンセプトは、このC610XXHのみ少しニュアンスが違い、曲がりすぎない事でキレイに飛ばせるというコンセプトになっています。 他のラインナップについては投げるルアーのウェイトが軽い為、ロッドの反発力でルアーを飛ばすことを考えてしっかり曲がるように考えてあります。 しかしC610XXHについては、そもそも重すぎるルアーを飛ばす為、反発力を使って投げるイメージではなく遠心力を使って投げるイメージでルアーを飛ばします。 その為、あまり曲がりすぎてしまうと遠心力で飛ばすための力がロッドに吸収されてしまいうまく飛ばせなくなってしまうので、適度な張りを持たせて、遠心力を殺さずキレイにジャイアントベイトを飛ばせるようなテーパーになっています。 C65XHとの使い分け BOATGAMER SSDシリーズには今回発売されたC610XXHの他に、既存のラインナップの中にC65XHというビッグベイトロッドがあります。 まず、東京湾のコノシロパターンでの基本的なビッグベイトの釣りを楽しむのであればC65XHをオススメします。 C65XHは非常に汎用性の高いロッドで、東京湾ボートシーバスビッグベイトの釣りで必要なルアーのほとんどをカバーしたロッドです。 まず東京湾のビッグベイトの釣りに一本欲しいという事であれば、C65XHが断然オススメです。 ウェイト別・狙っているシーバスのサイズでの使い分け C610XXHはジャイアントベイト用ロッドですのでC65XHでは重すぎると感じるルアーに対して適したロッドです。 単純にC65XHとC610XXHのスペックを比較すると、90gまではC65XH、90g以上がC610XXHとなりますが、実際のところもう少し重いところまでC65XHで投げることも動かすことも可能です。 (自己責任でお願いします) 100g以上のビッグベイトをC65XHで投げると曲がりすぎてあまり飛距離が出ませんし、アクションをつける際にもティップが少しルアーの重さに負ける部分があるので、その分少しアクションをつけるのに力が必要になります。 C610XXHで100g以上のルアーを投げると、C65XHに比べて飛距離は伸びるし、ルアーの重さにティップが負けないので、アクションのつけやすさもコントロール性もやはりC610XXHに軍配が上がります。 それでも短いレングスが生む軽快さはC65XHのほうが上なので、トップウォーターのみを動かし続けるという事であれば、100g以上のルアーでもC65XHを選択するケースもあると思います。 逆に飛距離重視ということであればC610XXHが有効になります。 また、狙っているシーバスのサイズ感でも使い分ける事が可能です。 C65XHはスムーズなベンディングでフッコサイズからランカークラスのシーバスまで全てのサイズのシーバスをターゲットとすることを可能としています。 対してC610XXHは最低70センチ以上のシーバスをターゲットとしていますので、フッコクラスも混じっているようであればC65XHを選択してもいいと思います。 さらにレングスでの使い分けも可能です。 先述した通り、使いやすいロッドのレングスというのは乗っている船に大きく左右されます。 足場の高い船でC65XHは正直使いづらいので、足場の高い船や釣り座で釣りをする場合はC610XXHを使用するという選択肢もあります。 ジャイアントベイト用ロッドのC610XXHですが、ジャイアントベイトはもちろん、C65XHと合わせて使い分けることで、ルアーウェイト以外の使い分けも広がり、東京湾コノシロパターンをより一層楽しむ事ができます。 ジャイアントベイト用ロッドとして、ロングレングスのビッグベイト用ロッドとしてC610XXHぜひ使ってみてください。 2021年4月14日 大原港広布号さんでSLJマハタ釣り!Drag Metal Slim...

【2022年】ジャイアントベイトロッドおすすめ19選!選び方も詳しく解説


1 ビッグベイト対応のパックロッドおすすめ15選• 1 【レジットデザイン】ワイルドサイド マルチピース WSC68XXH-5• 2 【ダイワ】モバイルパック 705TMLS• 3 【シマノ】スコーピオン 5ピースモデル 15103RS-5/1602R-5/1604SS-5/1652R-5• 4 【シマノ】ワールドシャウラ ドリームツアーエディション 1652R-5• 5 【メジャークラフト】バスパラ 振出モデル BXCT-665MH/BXCT-705H/BXCT-705X• 6 【メジャークラフト】弁慶 パックロッド BIC-664MH/BIC-704H• 7 【アブガルシア】ホーネットスティンガープラス マルチピースモバイルモデル HSPC-674MH/MGS HSPC-724H/HSPC-744X-BB• 2 まとめ ビッグベイト対応のパックロッドおすすめ15選• この記事を見たあなたにおすすめ• ジャイアントベイトリールおすすめ15選!シマノやダイワなどで最適なリールは?• マグナムクランク用ロッド&リールおすすめ20選!おかっぱりや野池でも使えるロッドの選び方!• 【DRT】人気ルアー&ワームまとめ!ディビジョンのスイムベイト等の種類を一挙紹介!• 【DRT】人気ロッドおすすめ8選!種類や入手方法も紹介!DRTの竿は高いのか?(ディビジョン)• コスパ重視!ビッグベイトリールおすすめ16選!安いけど実用的!バス釣りやシーバスに適したギア比は?• 安いけど釣れる激安ビッグベイト8選!高いビッグベイトはもういらない?1,000円でお釣りがくる格安ルアーまとめ!.。 。 。 。 。

ビッグベイト対応のパックロッドおすすめ15選!ジャイアントベイトが投げれるモバイルロッドはどれ?


10oz対応ビッグベイトロッドおすすめ7選!ジャイアントベイトが投げれるロッドを厳選!" title="ベイト ロッド ジャイアント">
抜群のS字アクションはもちろん、バスに違和感を与えにくい本皮によって唯一無二のアプローチが可能です。 硬質ウレタンを使用しているため、超大型のジャイアントベイトでありながら リアルなアクションでアプローチできます。 【おすすめポイント】 ジョインテッドクロー尺ワンはその圧倒的なサイズ感から琵琶湖などのビッグバスを狙った釣りにおすすめ。 飛ばせる飛距離などの理由からオカッパリの釣りにはやや不向きであるものの60センチクラスのランカーバスをボートなどから狙いたい方にはぴったりのアイテムです。 30センチという規格外のボディによる圧倒的なアピール力と本物の魚に見間違えてしまう艶かしいアクションは多くのバスアングラーの人気を集めています。

ジャイアントベイトでシーバスを獲る!ゼナックが贈るギガンティックゲーム特化型シーバスロッド「プレジールアンサー ソップモッド」


中には特殊な用途のロッドや規格外のスペックのロッドなどもありました。 中でもジャイアントベイトの釣りに対応できるのが、2021年モデル OCSC-711XX スローン。 大型ペンシルやワイヤーベイトなどもこなせ、世界中の怪魚にも対応した優秀モデルです。 限界の硬さを追求した上で、モンスターバスとのファイトの際の粘りや50cm級のバスでもしっかりと曲がるセッティングが魅力の一本です。 より遠くまでアプローチ可能な8フィート2インチの長さを採用。

BOATGAMER SSDのNEWアイテム!ジャイアントベイト用ロッドC610XXH


硬すぎない柔軟性を備えたブランク設計 「PA-B80 SOPMOD」のこだわりポイントとして、冒頭でもふれたようにビッグベイトシーバス専用として開発されたところ。 近年、人気急上昇中のビッグベイトを使用したシーバスゲーム。 PEラインを使用するビッグベイト・ジャイアントベイトゲームは、タックルやその操作において多くのストレス・負担が掛かります。 ゼナックフィールドテスターの衣川さん曰く、「一度キャストしてみたら、この快適さが分かるかと思います」とのこと。

オススメ

このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

スピリーバ うがいコロナ オミクロン 喉 の 痛みスーツ に 合う 靴