スイカ を 食べる イラスト


黒人とスイカのステレオタイプとは、 歴史 [ ] すでに19世紀にはアメリカにおいて肖像や図像によって人種差別的な表現を行う場合、スイカが有力な この人種的偏見が正確にはどういった出自をもつのかはいまもはっきりしていないが 19世紀から20世紀の半ばにかけての数十年間で、スイカと黒人のステレオタイプは印刷物や映画、彫刻に描かれ、戯画化され、日用品にあしらうデザインとして一般的にさえなっていた またこういった背景もあり、アメリカでは黒人に対してスイカを送る事は人種差別と判断される。 2017年10月、デトロイト市消防局の見習い消防士であったロバート・パティソンは「人種差別を行った」として解雇された。 彼が配属先の消防署にスイカを持ち込んだことが原因。 パティンソンは配属に先立ち、同局第2大隊長のショーン・マッカーティから 「義務ではなく有志でだけど、何か手土産を持ってきて欲しい。 手土産は大抵はドーナツだが、他に何か良いと思うものがあればそれを持ってきてくれ」と告げられた。 パティンソンはスイカをピンクのリボンで包装し、配属先となる第55ポンプ隊のある消防署へ持ち込んだ。 パティンソンはこの行為について後にFOXニュースの取材に回答し、 「あれは冗談でもなければ人種差別でもない」と述べている。 しかしこの手土産に対し何人かのアフリカ系の消防士は即座に人種差別だと考えたと言う。 消防局は 「差別に対する不寛容方針」に基づいてパティンソンを解雇した 大衆文化 [ ] 黒人とスイカのつながりは、黒人の芸人たちがショーで歌ったポピュラーソングによって広く知られるようになったともいえる。 「スイカのうた」 "The Watermelon Song" などの歌は1870年代に印字され、記録として残されている。 1893年の スイカ映画 [ ] 19世紀の終わりには、「スイカ映画」というちょっとしたジャンルが存在した。 黒人の典型的な日常とみなされたスイカの消費や 多くの映画が黒人たちを制御不能といってよいほどスイカに食欲を示す存在として描いた。 例えば「スイカ競争」(1896年)などには、黒人が汁と種を口から次々に吐き出し素早く果物を食べるシーンがある。 作家のノヴォトニー・ローレンスは、こうした場面には食欲を黒人男性の性欲になぞらえる文脈があると指摘している。 つまり「黒人は、この果物を愛し求めるのと同じくちで、セックスを求めるのだ…。 要するに、黒人男性はスイカを「欲する」し、誰がもっとも食べられるのかを常にみわけようとしている。 その指標となるのが、とめどなくスイカをむさぼる黒人男性によって描かれる「食欲」の強さなのである 1900年代初めの郵便はがきはよく黒人を「スイカを食べていれば幸せ」という動物じみた存在として描いている ジョージ・ワシントン・スイカ・コロンバス・ブラウン ぼくは街のちいさな黒んぼ スイカにかけちゃあ豚も真っ青 スイカはぼくのミドルネームさ 1916年3月、ハリー・ブラウンが「ニガーはスイカが好き」を収録しているが 現代においても黒人に対して批判を行うものがしばしば引き合いに出すのがスイカである 2009年2月、ロス・アラミトス市長(かつ共和党オレンジ郡中央委員会メンバー)のディーン・グロスはホワイトハウスに人種差別的とされたメールを送ったあとで(すぐに撤回したとはいえ)辞任を表明した。 メールには、 2014年10月、ボストン・ヘラルド紙はホワイト・ハウスに男が侵入した事件を揶揄し、侵入者がオバマにスイカ味の歯磨き粉を試さないのかと尋ねる 資料 [ ]• Sheet,Connor Adams 2012年8月3日. International Business Times. 2015年4月19日閲覧。...


。 。 。 。 。


スイカを食べるカニのイラスト|イラスト素材館" title="食べる イラスト を スイカ">
。 。 。 。 。


。 。 。 。 。


。 。 。 。
ご宿泊日
から
ご宿泊日数
ご宿泊人数
 /室
部屋数
検索方法
他のANAクラウンプラザホテルのご案内