シンガポール 就労 ビザ

シンガポールのグローバル人材ハブとしての地位の強化 に関する記者会見での発言内容について


こんにちは。 今年、最も多く弊社に寄せられたご相談の一つが「就労ビザ EP 取得」についてです。 外国人を採用する上で必須となる就労ビザの取得に対し、多くの企業様が悩みを抱えていらっしゃったようです。 今回は実際のEP申請~カード取得までの手順を、プロセス毎にまとめました。 既にご存知の内容も多く含まれるかと思いますが、 注意点を含めて記載しておりますので、ご参考になれば幸いです。 関連記事: 目次 1. 申請前に必要な手順 MyCareersFuture掲載 2. EP申請手続き、申請費用 3. 仮承認 IPAレター 取得後 4. EP発行 5. MOM訪問、カード登録 1. 申請前に必要な手順 MyCareersFuture掲載 まず初めにEPを申請する前にMyCareersFuture 以下:MCF への掲載が必要かを確認します。 MCFへの掲載概要に関しては MCFへの求人掲載が必要な際は、 必要項目を入力していきます。 EP申請は MCFへの求人掲載開始から28日以降に可能になりますので、 できるだけ早めの対応をお勧めしております。 求人内容については、 EP申請金額を含む条件は掲載内容と同等である必要があります。 予めEP申請に必要な金額や条件を調べた上で、求人掲載を進めて頂ければと思います。 EP申請手続き、申請費用 MCFの掲載が無事に終了したら、いよいよEP申請に入ります。 企業の代表アカウントで 以前はEmployment Pass Online システム変更によりEP、Sパス、DP、LTVPの申請、発行、キャンセルはmyMOM Portalから行うようになりました。 ここで気を付けたいのが、申請前の画面中央部にある「Company Profile」についてです。 近年のEPリジェクト理由に「外国人を雇用するだけの十分な資金が認められない」が多く挙げられておりますので、 EP申請前には 必ず最新の情報にアップデートされていることを確認しましょう。 申請ページはステージ1、2に分かれており、慣れていないとデータ入力だけで 約30分程かかりますので、まとまった時間を確保して行います。 すべてのデータ入力後、申請料 SGD105 を支払って申請完了となります。 申請から仮承認 IPAレター取得 までは約3週間ほどかかり、 追加資料提出の申請があれば、提出後さらに3週間ほどかかります。...

【シンガポール】シンガポールの家族ビザ(DP)保有者の就労規制の改正


正式のビザは、後述のMOMに行って申請して初めて発行されます。 なお、この健康診断は、HIVなど重い病気になっていない確認するためで、血液検査・X線・医師の問診で終わりです。 通常、初めてのビザ申請の場合は、健康診断を受ける必要があります。 雇用主からオファーレターをもらう。 だいたい待ち時間含めて1時間程度で終わりました。

シンガポールでの就労ビザ(Employment Pass)の申請手順 2019年版|新加坡マスオさん|note


シンガポール就労ビザ(EP/Sパス)完全理解最新版" title="ビザ シンガポール 就労">
尚、既に取得済の就労ビザを更新する場合、これらの給与要件は2021年5月1日以後の申請に適用されます。 給与は、手取金額を申告するのでしょうか。 これらの給与要件はどれも最低の場合であって、年齢や経験を重ねた申請者にはより高い給与水準が求められます。 社宅の家賃は毎月定額で支払いますが、これは月額固定手当には該当しないのでしょうか。 月額固定給に含まれない支給には、以下のようなものがあります。

出張でシンガポールに来る場合のビザと税金


個々のケースで対策が異なると思いますので、そのような場合は、専門家の支援を得ることをお勧めいたします。 また特定の雇用主に紐づく就労ビザでは無いため、複数の会社から収入を得ることができ、メインの雇用先を退職後も6カ月間は無職でもシンガポール国内にとどまることが出来ます。 ただし、これでEPもしくはSパスが取得できるという判定が出たとしても、取得を確約するものでは無りません。 もし取得できる場合は、まずその6ヵ月間をフルに活用し、現地で就活し、EPもしくはSパスをスポンサー可能な企業に応募していくことで、日本からの就活と比較して採用確率があがる可能性が高まると思います。 出典: ここまで、申請する個人について述べてきましたが、EP・Sパスといった「雇用主に紐づく就労ビザ」に関しては、会社側という観点も重要です。

2021年3月現在・シンガポールの就労ビザについて【条件・給料など】EP・S


これは、今年の予算案で発表された新しいシンガポールのグローバル・エグゼクティブ・プログラムを補足するものです。 まとめ 17. 結論として、シンガポールはグローバル人材ハブとしての地位を固めるために積極的なアプローチを取り、ビジネスに関してオープンであり続けるという明確なメッセージを世界に発信し続ける必要があります。 堅調な景気回復に伴い、労働市場は大きく強化されました。 Forward Singaporeの柱のひとつ、Empower on Economy and Jobs(経済と仕事の強化)では、どのようにすればより多くのシンガポール人が地域やグローバルな機会に挑戦できるようになるか、また、シンガポール人が海外駐在を躊躇するような障壁をどのように減らすことができるか、政府は労働者や企業にコンサルティングを行う予定です。

Once added, try creating a pull request to see the bot in action.

All of the configuration relating to this bot is performed via the .clabot file.

The .clabot is automatically resolved in the root project folder (for example this project resolves the following file, https://github.com/ColinEberhardt/cla-bot/.clabot). If you have multiple repositories within the same organization, or user account, that have the same contributors, you can create a single configuration by adding a project called clabot-config. For example, for my personal projects I could configure the bot via https://github.com/ColinEberhardt/clabot-config/.clabot.

Note, if you do not want the list of contributors to be public, the clabot-config project can be private.

The .clabot file has four properties:

{ "contributors": "...", "message": "...", "label": "...", "recheckComment": "..." } 

There are various ways in which you can specify the list of contributors:

You can embed the contributors directly into the .clabot file as an array of GitHub usernames:

{ "contributors": [ "frank", "bob", "sam" ] } 

You can specify a URL which returns the contributors list (as a JSON array)

{ "contributors": "http://foo.com/static/contributors" } 

If the contributors URL uses the GitHub API, the bot will be authenticated, allowing it to access private repositories

{ "contributors": "https://api.github.com/repos/foo/bar/contents/.contributors" } 

You can supply a webhook which has a querysting that is invoked for each committer:

{ "contributors": "http://foo.com/contributor?checkContributor=" } 

With each invocation, the checkContributor querystring parameter is used to supply the committer username. The webhook should return a JSON response that indicates whether the committer has signed a CLA:

{ "isContributor": "true" } 

If you wish to add a custom message, include a message property within the .cla-bot file. This can optionally include a {{usersWithoutCLA}} token which is expanded out to the names of the contributors who have not signed a CLA.

For example:

{ "message": "We require contributors to sign our Contributor License Agreement, and we don\"t have on file. In order for us to review and merge your code, please contact @FriendlyAdmin to get yourself added." } 

It is good practice to include details of who to contact in order to go ahead with the CLA signing process.

If a PR is opened where all the contributors have signed the CLA, it is labelled with cla-signed. You can configure this behaviour as follows:

{ "label": "my-custom-label" } 

You know … the usual …

npm install 

For most end users cla-bot will be added to a project as an integration, this provides the simplest integration experience. However, this is also the most complex from a set-up perspective! In order to simplify things, in development, you can run the bot as a simple webhook integration.

  1. Create a スケジュール 帳 無印 for the account that you want to run the bot as.
  2. Edit dev/.env.example, renaming to dev/.env, and add the personal access token generated above to GITHUB_ACCESS_TOKEN.
  3. Ensure INTEGRATION_ENABLED is set to false.
  4. Find a suitable repo to test against, and add a .clabot file.
  5. The dev/event.json provides an example webhook (with most of the fields removed) that the bot receives when a PR is opened. Edit this file so that it points to a PR in your test repository.
  6. The bot comments, adds labels, and updates the status of commits. In order to do this it needs write access to the repo. Note that the integration only requests the minimal permissions required to perform these functions. Either the repo you are using to test against in (4) needs to be owned by the user from (1), or you need to add the user as a collaborator or team member.
  7. You’re ready to go!!!

Run the bot as follows:

$ npm run execute