ジュゼッペ ヴェルディ

ヴェルディの作品の一覧


ジュゼッペ・フォルトゥニーノ・フランチェスコ・ヴェルディ(Giuseppe Fortunino Francesco Verdi、1813年10月10日 — 1901年1月27日)は、19世紀を代表するイタリアのロマン派音楽の作曲家であり、主にオペラを制作した。 代表作は『ナブッコ』、『リゴレット』、『椿姫』、『アイーダ』などがある。 彼の作品は世界中のオペラハウスで演じられ、またジャンルを超えた展開を見せつつ大衆文化に広く根付いている。 ヴェルディの活動はイタリア・オペラに変革をもたらし、現代に至る最も重要な人物と評される。 ヴェルディのオペラ作品 一覧 (初演順。 各項は「題名-原語名-初演年-初演劇場名」を示す。 Oberto, conte di San Bonifacio 1839年、ミラノ・スカラ座• Un giorno di regno, ossia il finto Stanislao 1840年、ミラノ・スカラ座• Nabucco (Nabucodonosor) 1842年、ミラノ・スカラ座• I Lombardi alla prima crociata 1843年、ミラノ・スカラ座• Ernani 1844年、ヴェネツィア・フェニーチェ劇場• I due Foscari 1844年、ローマ・アルジェンティーナ劇場• Alzira 1845年、ナポリ・サン・カルロ劇場• ジュゼッペ ヴェルディ 1846年、ヴェネツィア・フェニーチェ劇場• Macbeth 1847年、フィレンツェ・ペルゴラ劇場• 同改訂版 1865年、パリ・リリック劇場• I masnadieri 1847年、ロンドン・王立歌劇場• Il corsaro 1848年、トリエステ・グランデ劇場• La battaglia...

ジュゼッペ・ヴェルディの作品の特徴。代表曲おすすめ7選


農場に住んだり政治の世界に入ったりと、音楽とは関係のないことも行ったヴェルディは、晩年には慈善活動に力を入れていたそうです。 結婚してる?身長は?歌手としての実力と評判は?• フランツ・リストってどんな人?その生涯や性格は?• フランツ・リスト 「ラ・カンパネラ」の解説。 「オペラ王」とも呼ばれるヴェルディは、次々と作品を生み出しながら、その多くで高い評価を得ていました。 様々な理由で農場へ移ったヴェルディから、作曲への意欲が全く失われることはありませんでしたが、もしかしたら少しだけ音楽の世界から離れたかったのかもしれません。 結婚してる?子供は?歌手としての実力と評判は?• ソプラノ歌手野々村彩乃のプロフィール。

「オペラ王」と呼ばれたイタリアの作曲家ヴェルディの生涯を解説!


ヴェルディの真実の友ルルちゃんと、オペラ創作を支えた愛犬たち|音楽っていいなぁ、を毎日に。| Webマガジン「ONTOMO」" title="ヴェルディ ジュゼッペ">
翌年には長女ヴィルジーニアが、さらにその翌年には長男イチリオが誕生しますが、病のためにヴィルジーニアは亡くなってしまいます。 1861年からは作曲活動を再開し、オペラも生み出し続けるのでした。 次々とオペラが初演され、大ヒットとなりましたが、ヴェルディは音楽活動から引退することを考えます。 目次 ヴェルディの生涯を解説! ・生い立ちと学生時代 ジュゼッペ・ヴェルディは、1813年10月10日、現在のイタリア北部で生まれます。 また晩年のヴェルディは慈善事業にも取り組み、音楽家のための老人ホームを完成させています。

アイーダ


ヴェルディの提示した条件は• ヴェルディは作曲料として15万• 台本はヴェルディが彼自身の支出によって、彼の選んだ作家に作成させること• 台本は• 1871年1月に予定される初演はヴェルディの選んだ指揮者によって行われるべきこと• ヴェルディ自身にはカイロに赴き初演を監督する義務はないこと• 仮にカイロでの初演が6か月以上遅延した場合、ヴェルディは彼の任意の歌劇場でそれを初演できること• 初演以外の全ての上演に関する権利はヴェルディが保持すること という、もはや十分安定した生活を手にした世界的作曲家でありながら、相変わらず経済的に抜け目のない彼の特性が存分に発揮された要望であったが、闊達なイスマーイール・パシャはその全てを受諾したのだった。 そこにアムネリスとラムフィス、祭司たちが登場、アモナズロとアイーダ父娘は逃亡するが、ラダメスは自らの意思でそこに留まり、「祭司殿、私の身はあなたに!」と言って捕縛される。 モデルとなったのは 異国情緒、綿密な時代考証といった「こだわり」はパリの「 アイーダ・シンフォニア(序曲) [ ] 『アイーダ』のスカラ座初演時には、カイロ初演時の前奏曲に差し替えられる形で"シンフォニア"(序曲)が付けられる予定であった。 第2場 [ ] 音楽・音声外部リンク 第2幕終末部(第2場)を試聴する 最も有名な場面である。 サッカーと「凱旋行進曲」 [ ] 日本ではサッカーの応援歌として本曲の主題1が歌われるが、その由来として、 我らが街の偉人ジュゼッペ・ヴェルディ」にちなんで「 ヴェルディ・フットボール・クラブ」 Verdi Football Club と名乗っていた。


作品タイトル 作曲年 編成 初演 備考 グローリア・ミサ Messa di Gloria 1833頃? または「民衆讃歌 Inno popolare 」。 アヴェ・マリア Ave Maria su scala enigmatica• スターバト・マーテル Stabat mater• 聖母マリアへの讃歌 Laudi alla Vergine Maria• テ・デウム Te Deum 器楽作品 [ ] 作品タイトル 作曲年 編成 備考 1828 Orch? 楽譜は散逸 複数の行進曲 1836以前 Orch ヴェルディにより破棄 オーボエと管弦楽のための変奏曲『ヴィルジニアの歌』 1837? ob,Orch ジャコモ・モーリの楽曲を編曲したもの? ピアノと管弦楽のための変奏曲 1837-38頃 pf,Orch カプリッチオ 1838? hrn ホルンのための作品。 複数あり 27 Otello 1887 4幕 1887. 2月5日 ミラノ・スカラ座 28 Falstaff 1893 3幕 1893. 2月9日 ミラノ・スカラ座 歌曲・声楽曲 [ ] 作品タイトル 作曲年 編成 作詞 備考 私は彼女に会った Io la vidi, scena lirica 1833 2T, Orch C. バッシ 5月5日 Il cinque maggio 1835以前 独唱,器楽? 1867年にヴェルディにより破棄 乾杯 Brindisi 1835? 独唱,pf 5月5日 Il cinque maggio 1836 独唱,pf 6つのロマンツァ Sei Romanze 1838 独唱,pf ヤコポ・ヴィットレッリ 第1,3曲 トンマーゾ・ビアンキ 第2曲 カルロ・アンジオリーニ 第4曲 ルイージ・バレストラ訳 第5,6曲 ジュゼッペ ヴェルディ 墓に近寄るな Non t'accostare all'urna• エリザよ、疲れた詩人は死にゆく More, Elisa, lo stanco poeta• 孤独な部屋で In solitaria stanza• 暗い夜の恐怖の中で Nell'orror di notte oscura• 安らぎは失せて Perduta ho la pace• ああ、悲しみの聖母よ ジュゼッペ ヴェルディ, pietoso, oh addolorata 亡命者 L'esule 1839 Bs 誘惑 La seduzione 1839 Bs ルイージ・バレストラ 見よ、あの蒼白い月を Guarda che bianca luna 1839 S,A,Bs,fl ヤコポ・ヴィットレッリ 三重唱のためのノットゥルノ。 楽譜は散逸 シンフォニア ハ長調 1838 Orch 歌のないロマンツァ Romanza senza parole 1865 pf 1873 SQ ワルツ ヘ長調 1881 pf ピアノのための トランペットと管弦楽のためのアダージョ? tp,Orch ファゴットと管弦楽のためのカプリッチョ? fg,Orch ヴェルディ作かは疑問.。
帝京大学薬学部 北 加代子
 年齢とともに、健康診断の結果が気になる人が多いと思いますが、一般的に悪玉コレステロール(LDLコレステロール)が高く、善玉コレステロール(HDLコレステロール)が低い状態は、動脈硬化や虚血性心疾患のリスクを高めると考えられています。LDLは肝臓中のコレステロールを末梢組織に運搬し、細胞膜の材料等の供給に関与しますが、一方、末梢組織で不要になったコレステロールはHDLによって再び肝臓に運び込まれます。LDLコレステロールが増加すると、末梢に運ばれるコレステロールも増加し、その結果、血管壁にコレステロールが沈着し、血管の弾力性を失わせたり(動脈硬化)、血管の内腔を狭め、時には詰まらせたりする原因になると考えられます。もしこのような変化が、心臓の筋肉に酸素やエネルギーを供給する冠動脈で生じた場合、狭心症や心筋梗塞を引き起こすことになります。動脈硬化や虚血性心疾患のリスクを高める要因は様々ありますが、近年、トランス脂肪酸もその一因と考えられています1-3)
 トランス脂肪酸は、牛などの反芻動物の胃の中でバクテリアの働きによって合成されるため、乳や肉に少量含まれることが知られています。しかし、私たちが摂取するトランス脂肪酸の多くは、植物油の加工や調理段階で生成したものに由来します。植物油は常温で液体ですが、これは不飽和脂肪酸(炭素同士が二重結合によって結びついた部分が1箇所以上ある脂肪酸)が含まれているからです。一方、動物性の脂は炭素間に二重結合が存在しない飽和脂肪酸が含まれているため、常温で固体の状態をしています。植物油は液体であるため、そのままでは用途が限られてしまいますが、工業的に水素を添加して炭素の二重結合を部分的に水素化することで、植物油に動物脂のような固体としての特徴を持たせることが可能となります。このような方法で加工された植物油は硬化油と呼ばれ、マーガリン、ファットスプレッド、ショートニングとして菓子や加工食品に幅広く使用されています。お菓子のサクサク感や、なめらかな舌触りといった食感はまさに硬化油のお陰といえるでしょう。また、硬化油は酸化されにくい特徴を持つため、食品の日持ちを良くする目的でも使用されます。このように、植物油から合成される硬化油は加工食品には無くてはならない材料と考えられますが、一方で水素添加の過程でトランス脂肪酸が副生されます。トランス脂肪酸は、炭素の二重結合部分に結合する水素が本来の位置(シス型)とは異なる部分に配置された構造(トランス型)をとっており、水素添加以外にも、植物油の精製過程で行われる脱臭や、高温の油で調理する時にも生成することが知られています1,2)。このように私たちは、硬化油などの加工油脂の恩恵を受ける反面、日常的にトランス脂肪酸を摂取しやすい状況に置かれているのです。
 トランス脂肪酸はなぜ虚血性心疾患のリスクとなるのでしょうか?疫学的調査結果から、総エネルギーに占めるトランス脂肪酸の摂取割合が増加するのに伴って、血液中の総コレステロールが増加することが判明しました。さらに詳細に調べたところ、増加したのは主にLDLコレステロールであり、HDLコレステロールはむしろ減少する傾向があることが報告されました2,3)。培養細胞を用いた研究から、トランス脂肪酸であるエライジン酸を含む培地で培養した肝細胞では、コレステロールの合成が促進し、且つ持続すること、さらにコレステロールの運搬先を決めるのに重要な役割を果たすアポリポタンパクのうち、LDLに含まれるタイプが増加することが判明しました4)。このような作用は、動物性の飽和脂肪酸よりも顕著であり、トランス脂肪酸がたとえ植物油由来といえども、動物性脂肪以上にLDLコレステロールの増加作用を持つ可能性を示しました。以上のような結果を踏まえ、世界保健機構(WHO)では、トランス脂肪酸の摂取量を最大でも一日当たりの摂取エネルギー量の1%未満にするよう勧告しています2)
 では、私たち日本人は一体どのくらいのトランス脂肪酸を摂取しているのでしょうか?1999年の調査では、トランス脂肪酸の摂取量の平均値は1.56 g/日で、1日の摂取エネルギーに占める割合は0.7%と推計されていました5)。しかし、2010年の報告では、WHOが推奨する最大摂取量を超えていた人が、女性の24.4%、男性の5.7%でみられ、特に都市部に在住の30~49歳の女性が多かったこと、その要因として菓子類などの摂取が多い傾向がみられたことが報告されました6)。また、食事の中に含まれるトランス脂肪酸を実測した報告では、外食や菓子パンといったような加工食品を通して、1日のトランス脂肪酸の摂取基準の80%以上を摂取している若年女性の例も報告され、加工食品で使用される硬化油に含まれるトランス脂肪酸が、過剰摂取の原因となる可能性が指摘されました7)
 コレステロールや動物性脂肪は控えているのに、なかなかLDLコレステロールが下がらないとお悩みの方は、一度トランス脂肪酸の摂取量を加味した食生活の見直しが必要かもしれません。

【参考資料・文献】
1) 内閣府食品安全委員会のホームページ「ファクトシート」欄「トランス脂肪酸」
コトダマン 銀魂 コラボ ワード
2) 消費者庁ホームページ「トランス脂肪酸に関する情報」
シャンゴ 問屋 町 本店
3) WHO Technical Report Series 916, Diet, Nutrition and the Prevention of Chronic Diseases (2003)
4) Dashti N. et al,. Long-term effects of cis and trans monounsaturated (18:1) and saturated (16:0) fatty acids on the synthesis and secretion of apolipoprotein A-I- and apolipoprotein B-containing lipoproteins in HepG2 cells. J. Lipid Res. 41(12):1980-1990. (2000)
5) 岡本隆久 他, 国産硬化油中のトランス酸とその摂取量. 日本油化学会誌, 48 (12): 1411-1414 (1999)
6) Yamada M. et al., Estimation of trans fatty acid intake in Japanese adults using 16-day diet records based on a food composition database newly developed for Japanese population. J. Epidemiol., 20(2):119-127 (2010)
7) Kawabata T. et al., Intake of trans fatty acids estimated by direct dietary measurement in young women. J. Jpn. Soc. Nutr. Food Sci., 61:161-168 (2008)

日本薬学会 環境・衛生部会