スズキ の 軽 自動車 一覧

スズキの歴代車種まとめ!軽自動車や小型車の名車一覧


*スズキ大型モニターシステムとは、大型モニター上でお客様が知りたい情報を画面に映し、カタログや口頭ではお伝えしきれないクルマの情報をタッチペンの簡単操作で見ることができるシステムです。 *スズキ大型モニターシステムの設置の有無につきましては販売会社によって異なります。 事前にスズキ販売会社にお問い合わせください。 *当シミュレーション内の「アクセサリー」はディーラーオプションです。 3D画像はイメージ画像になります。 実際の車両、仕様と異なる場合がございます。 またディスプレイ装置によって実際の色とは異なって見える場合があります。 ご購入の場合は、必ず販売店でご確認ください。 車両本体価格はタイヤパンク応急修理セット・ジャッキ付で、保険料・税金(除く消費税)・届出等に伴う費用および付属品価格は含んでおりません。 車両本体価格(消費税込み)はメーカー希望小売価格で参考価格です。 これらの価格は各販売会社が独自に定めておりますので、詳しくは販売会社までお問い合わせください。 メーカーオプションは車両のご注文時に申し受けます。 ご注文後はお受けできませんのでご了承ください。 ディーラーオプションはメーカー希望小売価格(消費税込み)で参考価格です。 これらの価格は各販売会社が独自に定めておりますので、詳しくは販売会社までお問い合わせください。 ディーラーオプションは商品によっては車両のご注文時に取り付けが必要となるものもございます。 また、新車装着時の参考取付費が含まれております。 当お見積り内では選択可能なオプションが実際は選択できない(または同時装着不可)、また選択不可能なオプションが実際には選択できる場合(同時装着可)があります。 詳しい装着条件につきましては販売店にお問い合わせください。 掲載のディーラーオプションは商品の一部となります。 その他の商品について、詳しくは販売会社までお問い合わせください。 当シミュレーション内の合計金額は参考価格です。 表示の金額、または印刷されたものに販売効力はありません。 自賠責保険料・税金・届出等に伴う諸費用、リサイクル料金が別途必要となります。 詳細な見積りは販売会社にお問い合わせください。 在庫状況、納期等につきましては販売店までお問い合わせください。

スペーシア ベース|スズキ


4WDシステムと組み合わさり、雪道の走行で不安が軽減されるのが魅力です。 車高の高さでハンデとなっているのを補う安定した走りを披露します。 N-ONEのターボ&4WD仕様は、「Premium Tourer」および「RS」の2種類でラインナップ。 。 アルトラパンの4WD仕様は全グレードに用意されています。

スズキ(SUZUKI)


スズキの全車名・車種一覧|スズキ新車カタログ" title="の 一覧 自動車 スズキ 軽">
その他の商品について、詳しくは販売会社までお問い合わせください。 これらの価格は各販売会社が独自に定めておりますので、詳しくは販売会社までお問い合わせください。 事前にスズキ販売会社にお問い合わせください。 また、新車装着時の参考取付費が含まれております。 *当シミュレーション内の「アクセサリー」はディーラーオプションです。

【2022年版】4WDの軽自動車おすすめランキング|4WDターボや雪道に強い四駆も


トヨタ• レクサス• ホンダ• マツダ• スバル• スズキ• ダイハツ• いすゞ ドイツ• メルセデス・ベンツ• メルセデスAMG• BMW• フォルクスワーゲン• アウディ• ポルシェ• スマート• BMWアルピナ• メルセデス・マイバッハ• AMG• オペル• マイバッハ フランス• プジョー• ルノー• シトロエン• DSオートモビル• アルピーヌ• ブガッティ イタリア• フィアット• アバルト• アルファロメオ• フェラーリ• ランボルギーニ• マセラティ• ランチア イギリス• ジャガー• ランドローバー• アストンマーティン• ロールスロイス• ベントレー• マクラーレン• ロータス• ケータハム• モーガン• ローバー• TVR• デイムラー• MG アメリカ• ジープ• キャデラック• シボレー• テスラ• フォード• クライスラー• ダッジ• リンカーン• ハマー• サターン• サリーン スウェーデン• ボルボ• サーブ 韓国• ヒョンデ オランダ• ドンカーブート.。 。 。 。 。

【2022年最新】スズキのSUVを徹底解説。国内外モデルとライバルも紹介【購入ガイド】(carview!)


先ほど紹介したワゴンRと比べると分かる通りデザインがよりこだわられたものとなっていて、特にフロントグリル周りの存在感はアメ車を幾分か想像されます。 安全性、燃費とデザインが主な理由で決定。 ワゴンRと違ってガソリン車(ハイブリッドシステム非搭載車)は無いようです。 維持費が安い軽で流行の室内空間の大きい「軽ハイトールワゴン」を検討。


*《デモニック・モーター・&ruby(オメガ){Ω};/Fiendish Engine Ω》 [#top]
 効果モンスター
 星8/闇属性/機械族/攻2800/守2000
 (1):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
 このカードの攻撃力はターン終了時まで1000アップする。
 (2):このカードの(1)の効果を発動した場合、エンドフェイズに発動する。
 このカードを破壊する。
 (3):自分エンドフェイズに発動する。
 自分フィールドに「モータートークン」
 (機械族・地・星1・攻/守200)1体を攻撃表示で特殊召喚する。

 [[LIMITED EDITION 10 HOLY WHITE>LIMITED EDITION#LE10]]で登場した[[闇属性]]・[[機械族]]の[[最上級モンスター]]。~
 [[自己強化]]する[[起動効果]]、その[[効果]]を使用した場合に[[自壊]]する[[誘発効果]]、[[モータートークン]]を[[特殊召喚]]する[[誘発効果]]を持つ。~

 (1)の[[効果]]によって自身を[[強化]]できるが、(2)の[[効果]]によって[[エンドフェイズ]]に[[自壊]]してしまう。~
 使い捨てとなる前提とはいえ[[ノーコスト]]で3800の[[攻撃力]]を得られる点は魅力的だが、このカードが[[特殊召喚]]手段を持たない[[最上級モンスター]]である点を加味すると[[重い]]と言わざるを得ない。~
 使い捨てとなる前提とはいえ[[ノーコスト]]で3800の[[攻撃力]]を得られる点は魅力的だが、この[[カード]]が[[特殊召喚]]手段を持たない[[最上級モンスター]]である点を加味すると[[重い]]と言わざるを得ない。~
 [[攻撃力]]2800の[[モンスター]]の[[攻撃力]]を1000ポイント[[強化]]するだけならば、代用の利く組み合わせは無数に存在するため、打点だけを目的に[[デッキ]]に投入するのは少々厳しいものがある。~
 [[闇属性]]・[[機械族]]である点を活かせば活用法がないわけではなく、(1)の[[効果]]の後に[[《リミッター解除》]]を使えば[[自壊]][[デメリット]]を共有でき、[[攻撃力]]は7600まで跳ね上がる。~
 [[自壊]]を[[トリガー]]に[[《デスペラード・リボルバー・ドラゴン》]]を[[特殊召喚]]するといったフォローも可能。~

 (3)の[[効果]]によって[[モータートークン]]を生成できるため[[自壊]]しても[[アドバンテージ]]を[[回復]]できる。~
 だが、[[特殊召喚]]が[[自分]][[エンドフェイズ]]かつ[[攻撃表示]]であり、返しの[[ターン]]で[[戦闘]]の標的にされやすい。~
 [[モータートークン]]を守れるように[[《ガリトラップ-ピクシーの輪-》]]や[[《オレイカルコスの結界》]]などを利用したい。~
 返り討ちにできる[[《モンスターBOX》]]や[[《セカンド・チャンス》]]を投入し、さらに[[属性]]・[[種族]]に[[シナジー]]のある[[《ツインバレル・ドラゴン》]]や[[《KA-2 デス・シザース》]]などを併用するのもよい。~
 [[《ユベル》]]や[[《昇天の角笛》]]などの[[カード]]の[[コスト]]に使ったり、[[《エクトプラズマー》]]で[[リリース]]する手もある。~
 [[《リンクリボー》]]の[[自己再生]][[コスト]]として[[リリース]]し、[[攻撃]]を防ぐという使い方もできる。~

-[[《強化支援メカ・ヘビーウェポン》]]を装備中に[[《リミッター解除》]]と[[自己強化]][[効果]]を使った場合の[[自壊]]の処理は、[[《リミッター解除》]]を2枚連続使用したときの[[裁定]]と同じである。~
-[[《強化支援メカ・ヘビーウェポン》]]を[[装備]]中に[[《リミッター解除》]]と[[自己強化]][[効果]]を使った場合の[[自壊]]の処理は、[[《リミッター解除》]]を2枚連続使用したときの[[裁定]]と同じである。~
2回[[破壊]]処理が発生し、1回目で[[《強化支援メカ・ヘビーウェポン》]]が[[身代わり]]になり、2回目でこの[[カード]]が[[自壊]]する。~

-海外版では「デモニック(demonic/悪魔の様な)」が修正された他、単語として「[[機械>機械族]]」というニュアンスがより強い「engine(エンジン)」に変更されている。~

-「オメガ(omega)」とは、ギリシア文字の一つであり、伝統的配列では最後の24番目にある。~
記号の「Ω」は、電気抵抗を表す単位で「[[オーム>《ヴァイロン・オーム》]]」と呼ばれる。

-原作・アニメにおいて―~
遊戯王Rの「城之内vsキース」戦において登場。~
[[《モーターバイオレンス》]]が残した[[トークン]]「[[モーターパーツ>モータートークン]]」2体を[[生け贄]]とし、[[魔法カード]]《サモン・キャプチャー》の[[効果]]でキースの[[手札]]から城之内の[[フィールド]]に[[生け贄召喚]]された。~
キースの[[フィールド]]の[[魔法カード]]《エンジンチューナー》で[[攻撃力]]を3800まで[[強化]]して[[《邪神イレイザー》]]を[[戦闘破壊]]するも、その[[効果]]で[[墓地へ送られた]]。~
その後[[魔法カード]]《ニコイチ》によってキースの[[フィールド]]に[[蘇生]]され、[[直接攻撃]]でトドメを刺そうとしたが、[[《悪魔のサイコロ》]](原作効果)によって[[攻撃力]]を700まで[[弱体化]]させられたことで[[ライフポイント]]を削りきれなかった。~
返しの[[ターン]]に[[召喚]]された[[《鉄の騎士 ギア・フリード》]]に[[戦闘破壊]]され、その[[戦闘ダメージ]]でキースは敗北した。~
本来の[[攻撃]]名は不明だが、城之内は「城之内クラッシャー」と[[勝手に命名>《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》]]している。~

--作中では「モーター・モンスター」に区分され、特に[[効果]]を持たない[[通常モンスター]]だった。~
(1)は《エンジン・チューナー》の[[効果]]で[[攻撃力]]が1000ポイント上昇した点、(2)は[[《邪神イレイザー》]]の[[効果]]で1[[ターン]]しか[[フィールド]]に存在しなかった点、(3)は他の「モーター・モンスター」が持つ[[戦闘破壊]]された時の[[トークン]]生成[[効果]]を基にしたのだろう。~
なお、作中の[[モーターパーツ>モータートークン]]には[[守備表示]]にできない制約があったが、[[OCG]][[効果]]では[[トークン]]生成時こそ[[攻撃表示]]だが[[表示形式]]は自由に変更できる。~

//--[[OCG]][[イラスト]]では頭部と両腕、爪先、そして膝関節にまで刃物が仕込まれているが、原作では両腕しか使用していない。

-コナミのゲーム作品において―~
[[DUEL TERMINAL]]はEXステージのキースが使用。~
漫画産の[[カード]]だが、専用ボイスがしっかりと用意されている。~
[[《リボルバー・ドラゴン》]]と双璧を成す切り札であり、[[《ダブルコストン》]]や[[黒焔トークン]]を[[リリース]]して[[召喚]]されたり、[[《闇の誘惑》]]で[[除外]]され、[[《闇次元の解放》]]で突如として[[特殊召喚]]されたりするので、かなりの脅威である。~
しかし、[[ライフポイント]]が4000であることから、強制的に[[特殊召喚]]される[[モータートークン]]が仇になりやすく、集中[[攻撃]]すれば逆転勝利もできる。

**関連カード [#card]
-[[モータートークン]]

―(1)(2)の類似[[効果]]
-[[《疫病狼》]]
-[[《カラテマン》]]

-[[《リミッター解除》]]

―(3)の類似[[効果]]
-[[《インセクト女王》]]

-[[《スライム増殖炉》]]

**収録パック等 [#pack]
-[[LIMITED EDITION 10 HOLY WHITE>LIMITED EDITION#LE10]] LE10-JP007 &size(10){[[Ultra]]};
-[[決闘者の栄光-記憶の断片- side:闇遊戯]] 15AX-JPY23 &size(10){([[Millennium>Parallel#MR]])};

**FAQ [#faq]
Q:(2)の[[効果]]と(3)の[[効果]]はどちらが先に[[発動]]しますか?~
A:[[ターンプレイヤー]]が任意に選ぶことができます。(08/04/23)

//質問だけの投稿は禁止。ここは「質問と、それに対する事務局の回答」の両方を同時に記述する項目です。
//記述する場合、事務局に質問した日付を(05/01/01)のような形式でA:の最後に追加してください。
//未発売カードに限り、『A:(発売をお待ちください)』とセットでコメントアウトに質問を残すことが可能です。
//ルールやカードの処理等についての質問は、公式サイトの「遊戯王カードデータベース」で調べるか、ルール質問BBSを利用してください。
----
&tag(《デモニック・モーター・Ω》,効果モンスター,モンスター,星8/闇属性/機械族/攻2800/守2000);