シャープ 銀 イオン ホース 口コミ

銀イオンホース、使ってみました!SHARP×RoomClip コラボ企画


「銀イオン」には除菌効果があり、雑菌が原因の悪臭を防いでくれます。 そういった「銀イオン」の特性をいかした、デオドラント製品は多く市場に出回っていますよね。 脇用のAGスプレーや、足の消臭用にも使われています。 ちなみにこの「銀イオン」、実は銀の分子が水に溶けたもの。 その銀の分子が溶け込んだ水を洗濯に使って、生乾き臭を防いでくれるといった製品が注目を集めています。 部屋干しすると高確率で発生する生乾き臭、特に梅雨時は日本全国共通の悩みなのかもしれません。 しかも、デオドラント用の「銀イオン」は結構な値段になりますが、家庭用の水道水を「銀イオン入りの水に変換」してくれるという家計にやさしい優れもの!! ですから、出費にかかるのはこの「変換装置」だけ。 これは、調べてみるしかないでしょ! ということで、本記事ではこの 水道水を銀イオン入りに変換する装置「銀イオンホース」の仕組みと、その効果などについて解説していきます。 かなり深掘りしましたので、ご期待ください! 目次• 銀イオンを洗濯機に!「銀イオンホース」の仕組み! まず、どのようにして銀イオンを洗濯機に入れるのか、その仕組みについて説明します。 普通の洗濯機は、水道の蛇口と洗濯機の給水口をホースでつなぎ、吸水しますよね。 この 水道の蛇口と、洗濯機のホースの間にこの「銀イオンホース」を設置するだけです。 つまりは、「蛇口」と「普通のホース」の間に「銀イオンホース」が加わるということ。 ただこれだけで、洗濯機に銀イオンが溶け込んだ水が自動的に給水されることになります。 ちなみに 給水口のサイズは、どのメーカーの洗濯機にも対応していますし、工具も不要で取り付けも簡単。 下が、シャープ「銀イオンホース AS-AG1」です。 リンク 2. 銀イオンを洗濯機に!「銀イオンホース」の効果! そもそも、「銀イオン」には除菌効果があります。 ですから、その除菌効果を持つ「銀イオン」入りの水で洗濯しますので、当然ですが雑菌は生きていけるわけがありません。 人の皮脂などを餌にして繁殖する、モラクセラ菌の排泄物が生乾き臭の犯人なのですが、たちまち居場所を失ってしまうわけですね。 しかも、「銀イオン」タップリの水分を含んだまま衣類を干しますので、完全に乾燥するまで雑菌の居場所を消してくれているということ。 特に、雨天時や梅雨時など、部屋干ししなくてはいけない時には安心です。 一度臭くなると、もう一度洗濯しただけでは消えないことも多い厄介者の生乾き臭。 それを、最初から遮断してくれるのは嬉しい限りです。 ちなみに、衣類は乾燥しても抗菌効果は持続するそうですよ。 実は、この「銀イオン」の効果はまだありますよ! これまでは、「衣類」に対する除菌効果を説明しましたが、実は洗濯槽に対する除菌効果もあるのです。 たとえば、洗濯槽には「カビ」や「ヌメリ」が付着するもの。 特に目につかない位置に多いですよね…。 実は、この「カビ」や「ヌメリ」もある種の雑菌が原因なのです。 つまり、この 「銀イオン」は洗濯槽までキレイにしてくれるということ! これは、洗濯機の掃除回数も減りますし、とても嬉しい効果ですね! リンク 3. 銀イオンを洗濯機に!「銀イオンホース」の口コミ! それでは、実際に「銀イオンホース」を使用した方々の口コミをご紹介します。 これを取り付けた洗濯機で洗ったタオルが、なんとそ嫌な臭いがなくなりました。 正直驚きです。 全ての匂いがなくなるわけではありません。 いつもの家庭の匂いみたいなのはそのままです。 ただ、生乾き臭というのか洗濯後に菌が繁殖するときのアノ独特の 匂いが無くなっています。 あくまで個人的な感想ですが安くはないですが買って良かったです。 水か流れているときだけブルーのライトが点灯しかっこいいです。 洗濯機のもう一つの差し込みは、これのためにあるのかと思うくらいの安定した設置感です。 毎日1回洗濯して1年持続するようで、約4000円のカートリッジ交換が必要です。 耐久性などはこれから使ってみて確認していきます。 引用元: 部屋干し派です。...

銀イオンホース(AS


。 お客様の最終判断でご利用くださいますよう、お願いいたします。 みんなのレビューに対する評価結果の反映には24時間程度要する場合がございます。 商品レビューランキングのおすすめ度とは異なりますので、ご了承ください。 購入動機の効果については、まだ分かりません。

洗濯物からイヤなニオイがしなくなる!?洗濯機につける『銀イオンホース』がスゴイ (1/1)


洗濯機 銀イオンホース AS" title="銀 ホース シャープ 口コミ イオン">
銀イオンホース1万2800円、交換用カートリッジ4000円(編集部調べ)。 洗濯したにもかかわらずイヤなにおいが残ることを防ぎ、次の洗濯まで抗菌効果が持続するという。 板を溶かして銀イオン水を作る仕組みだが、板が溶けてしまうと、それだけ寿命も短くなる。 購入者アンケートでは95%以上の人が「使って満足」という結果になった。 シャープ製以外の洗濯機にも対応している。

SHARP 銀イオンホース AS−AG1(シャープ)の口コミ・レビュー、評価点数


(AS-AG1と同仕様の銀イオン水生成器にて実施。 (AS-AG1と同仕様の銀イオン水生成器にて実施。 1日1回のお洗濯で約1年後に交換サインが出ます。 抗菌・防臭効果は次の洗濯まで持続します。 お洗濯のたびに銀が溶解して銀のプレート(銀電極)が小さくなっていきます。

【楽天市場】シャープ SHARP AS


【付与数が表示よりも少ない場合】 各特典には「一定期間中の付与上限(期間中付与上限)」が設定されている場合があり、期間中付与上限を超えた場合、表示されている付与数では付与されません。 「PayPaySTEP」は、付与率の基準となる他のお取引についてキャンセル等をされたことで、付与条件が未達成となる場合があります。 以下の「付与数が表示よりも少ない場合」に該当した場合も、表示されている付与率では付与されません。 その他各特典の詳細は内訳欄のページからご確認ください.。

 

 

ビタミン
人体の健康の維持と成長に必要な、タンパク質でない有機物質のことをビタミンという。ほとんどのビタミンが補酵素というものである。補酵素は、体をつくる成分や、エネルギーにはならない。

 

 ※補酵素 … タンパク質ではないもので、それぞれ決まった酵素の働きを助けるものが補酵素である。

 

ビタミンには、体でつくれるものと、つくれないものとが存在する。体に含まれるビタミンが足りなくなると、足りなくなったビタミンの欠乏症が起こる可能性がある。

 

ビタミンには、脂溶性ビタミン水溶性ビタミンの2種類が存在する。脂溶性ビタミンを摂りすぎてしまうと、過剰症を引き起こす可能性がある。一方、水溶性ビタミンを過剰に摂った場合は、尿に混じって排泄される。

 

 ビタミンA
ビタミンAは、脂溶性ビタミンである。ほうれん草やにんじんなどの中にカロチンとして存在している。カロチンは体内でビタミンAに変わる。また、レバーや卵黄など動物性食品にも、ビタミンAが多く含まれている。

 

ビタミンAが足りないことで起こる欠乏症には、角膜乾燥症などの皮膚に関係する疾患や、夜盲症などの眼に関係する疾患がある。

 

 ビタミンB群
ビタミンBは、水溶性である。ビタミンBには、さまざまな種類が存在する。ビタミンB群とは、ビタミンBをまとめて呼んだもの(総称)である。

 

・ビタミンB1
ビタミンB1は、糖質を代謝するのに必要な酵素の補酵素である。このビタミンの欠乏症として、脚気がある。ビタミンB1を含む主な食品は、卵黄、キャベツ、穀類などである。

 

・ビタミンB2
ビタミンB2は、脱水素酵素の補酵素である。このビタミンが足りなくなると、脂漏性皮膚炎や口角炎などの炎症が引き起こされる。

 

ビタミンB2を含む主な食品は、緑黄色野菜、卵黄、レバーなどである。また、腸内細菌によってつくられるものでもある。

 

・ビタミンB6(ピリドキシン)
ビタミンB6(ピリドキシン)は、アミノ酸の代謝に必要となる。ビタミンB6があることで、皮膚炎の予防ができる。ビタミンB6を含む主な食品は、豆類、レバー、胚芽などである。

 

・ビタミンB12(コバラミン)
ビタミンB12(コバラミン)は、造血作用に関わるビタミンである。このビタミンの欠乏症として、悪性貧血がある。ビタミンB12を含む主な食品は、レバーなどである。

 

・ナイアシン(ニコチン酸)
ナイアシン(ニコチン酸)は、体のなかでつくることができ、トリプトファンがその材料となる。この栄養素の欠乏症として、ペラグラがある。ペラグラを起こした場合、下痢、認知症、皮膚炎などが現れる。

 

ナイアシンを含む主な食品は、魚、鶏肉、レバー、落花生などである。

 

・葉酸
葉酸は、核酸の生成に関わる栄養素である。このビタミンの欠乏症として、赤血球性貧血がある。葉酸を含む主な食品は、レバー、ほうれん草などである。葉酸が不足した場合、赤血球性貧血が引き起こされる。

 

・上記以外のビタミンB
ビタミンB群には、上記以外にもパントテン酸、ビオチン、コリンなどが存在する。

 

 ビタミンC
ビタミンCは、水溶性である。このビタミンが足りなくなると、毛細血管が弱り、出血を起こす場合がある。ビタミンCを含む食品は、果物や野菜である。

 

 ビタミンD
ビタミンDは、脂溶性である。また、ステロイドの一種でもある。ビタミンDは、いくつかの化合物が集合して構成されている。そのなかでとくに重要なものが、ビタミンD2ビタミンD3である。

 

ビタミンDには、小腸でのカルシウムの吸収を助ける作用がある。ビタミンDが足りなくなると、骨の発達が悪くなって、くる病を引き起こす。

 

ビタミンD2の前駆体は、エルゴステロールである。エルゴステロールはシイタケなどに含まれている。また、ビタミンD3を含む主な食品は、魚や卵黄などである。

 

 ビタミンE(トコフェロール)
ビタミンE(トコフェロール)は、脂溶性ビタミンである。このビタミンが足りなくなると、男性の場合では精子の生成が低下する。女性の場合では、流産しやすくなったり、胎盤の発達が妨害されたりする。

 

また、ビタミンEを含む主な食品は、植物油やナッツなどである。

 

 ビタミンK
ビタミンKは、脂溶性ビタミンである。血液の凝固を遅くする働きがある。新生児の場合に、このビタミンが十分摂れていないと、腸出血(新生児メレナ)を引き起こす。

 

ビタミンKを含む主な食品は、ほうれん草、ブロッコリー、キャベツ、トマトなどである。