ジェンダー 指数 ランキング

ジェンダーギャップ、日本は146カ国中116位 : 政治分野では下から8番目


女性と男性の人間開発指数 HDI 値の比。 女性のHDIを男性のHDIで割った数。 1だと同じ、1より大きいと女性のHDIが高く、1より小さいと男性のHDIが高い。 順位 国名 地域 値 1 ラトビア Europe 1. 036 2 リトアニア Europe 1. 030 3 カタール Western Asia 1. 030 4 モンゴル Asia 1. 023 5 パナマ Latin America 1. 019 6 エストニア Europe 1. 017 7 ウルグアイ Latin America 1. 016 8 モルドバ Eastern Europe 1. 014 9 レソト Southern Africa 1. 014 10...

主要先進国(G7)に注目して考える「ジェンダーギャップ指数」


日本は、特に、「経済」及び「政治」における順位が低くなっており、「経済」の順位は156か国中117位(前回は115位)、「政治」の順位は156か国中147位(前回は144位)となっています。 これは、各国がジェンダー平等に向けた努力を加速している中で、日本が遅れを取っていることを示しています。 政治分野では、スコアは上がっているものの、順位は下がっています。 Global Gender Gap Report 2021.。 また、経済分野についても、管理職の女性の割合が低いこと(14. 7%)、女性の72%が労働力になっている一方パートタイムの職に就いている女性の割合は男性のほぼ2倍であり、女性の平均所得は男性より43. 7%低くなっていることが指摘されています。

速報 日本116位、ジェンダーギャップ指数2022:日経xwoman


「共同参画」2021年5月号" title="ランキング ジェンダー 指数">
(全2回の1回目/ 調査の特徴は「リーダー的地位」への注目度 スイスのコロニーに本部を置く非営利財団「世界経済フォーラム」(前身は「ヨーロッパ経営者フォーラム」)が『グローバル・ジェンダーギャップ・レポート』を出すようになったのは2006年からである。 そして、日本はこの新しい項目で全く点数を取れていないので、悲惨な順位となっている。 まずは「ジェンダー」をめぐる2000年代の国際社会の大きな潮流を見た上で、次に具体的な政策がどう進んできたのかを見ていこう。 「フェミニズムはもういらない、と彼女は言うけれど」の著者である高橋幸さんに解説してもらった。 欧米諸国で重視され、とくに2000年代以降に強力に進められてきた「ガラスの天井」を打ち破るためのリーダー的地位のジェンダー平等化がいまだにできていないのが日本の特徴である。

日本の「ジェンダー・ギャップ指数」は146か国中116位


分野別スコアで見ても、経済分野以外はすべてマイナスです。 分野別スコアで見る「落ちこぼれ組3ヶ国」の変化 次に、落ちこぼれ組3ヶ国の分野別スコア(経済・教育・健康・政治)について、2006年と2021年の変化を見てみましょう。 内容をよく見ると、2006年の全体スコアで、 0. 7以上の国と、 0. 7未満の国とで分かれていることがわかります。 経済分野が若干改善されたものの、他の分野はすべてマイナスです。 経済と政治分野は大幅に改善されていることがよくわかります。

「共同参画」2021年5月号


まず、年功序列という働いた期間が長いことで出世が決まることが多く、育児や介護という側面で女性に負担がかかってしまう女性は不利といえるでしょう。 日本のランキングは低い ジェンダーギャップ指標ランキングの対象となっているのは、 世界 153 カ国。 ジェンダーギャップとは? ジェンダーギャップとは、男女格差のことです。 さらに、政治分野においては議会における女性議員の比率が10. 1%ということで、世界135位。

スイッチ スポーツ バドミントンシガー ケースけやき 広場 ビールスロット セイント セイヤ 冥王 > 消防活動阻害物質の貯蔵又は取扱いの届出について

最終更新日:2019年06月07日

 消火活動に重大な支障を生ずるおそれのある物質で消防長の指定するものを業務として貯蔵し、又は取り扱う者は、当該物質の貯蔵及び取り扱いの変更、廃止をする場合には、消防長に届け出なければなりません。

届出様式 ストーリー プロッター pc

(1) 放射性同位元素

    放射性同位元素等による放射線障害の防止に関する法律(昭和32年法律第167号)第2条第2項に規定する放射性同位元素で、放射線を放出するものの数量及び濃度は、数量については次に掲げる数量を超えるものとし、濃度については74ベクレル毎グラムを超えるもの。ただし、自然に賦存する放射線を放出する同位元素及びその化合物並びにこれらの含有物で固体状のものに係る濃度については、370ベクレル毎グラムを超えるもの

 放射線を放出する同位元素が密封されていないものであって、その種類が1種類のものについては、次の表の左欄に掲げる種類に応じて、それぞれ同表の右欄に定める数量

種     類 数   量
ストロンチウム90及びアルファ線を放出する同位元素 3.7キロベクレル
物理的半減期が30日を超える放射線を放出する同位元素(トリチウム、ベリリウム7、炭素14、硫黄35、鉄55、鉄59及びストロンチウム90並びにアルファ線を放出するものを除く。) 37キロベクレル
物理的半減期が30日以下の放射線を放出する同位元素(ふっ素18、クロム51、ゲルマニウム71及びタリウム201並びにアルファ線を放出するものを除く。)並びに硫黄35、鉄55及び鉄59 370キロベクレル
トリチウム、ベリリウム7、炭素14、フッ素18、クロム51、ゲルマニウム71及びタリウム201 3.7メガベクレル

 放射線を放出する同位元素が密封されていないものであって、その種類が2種類以上のものについては、前号の表の左欄に掲げる種類の放射線を放出する同位元素のそれぞれの数量の同表の右欄に定める数量に対する割合の和が1となるようなそれらの数量

 放射線を放出する同位元素で密封されたものについては、3.7メガベクレル

 放射線を放出する同位元素で時計その他の機器又は装置以外の物に密封されたもの(放電管、煙感知器その他の機器又は装置に装備されたものを除く。)であって、それらの集合したものについては、その集合したものごとに3.7メガベクレル
 

(2) 核燃料物質

    原子力基本法(昭和30年法律第186号)第3条第2号に規定する核燃料物質で、次の表の左欄に掲げる種類に応じて、それぞれ同表の右欄に定める数量を超えるもの

種     類 数   量
ウラン235のウラン238に対する比率が天然の混合率であるウラン及びその化合物 ウランの量300グラム
ウラン235のウラン238に対する比率が天然の混合率に達しないウラン及びその化合物 ウランの量300グラム
ア及びイの物質の1又は2以上を含む物質で原子炉において燃料として使用できるもの ウランの量300グラム
トリウム及びその化合物 トリウムの量900グラム
エの物質の1又は2以上を含む物質で原子炉において燃料として使用できるもの トリウムの量900グラム
ウラン235のウラン238に対する比率が天然の混合率を超えるウラン及びその化合物 全てのもの
プルトニウム及びその化合物 全てのもの
ウラン233及びその化合物 全てのもの
カからクの物質の1又は2以上を含む物質 全てのもの
(3) 火薬類

       火薬類取締法(昭和25年法律第149号)第2条に規定する火薬類で、次の表の左欄に掲げる種類に応じて、それぞれ同表の右欄に定める数量(信号焔管、信号火せん、煙火(がん具煙火を除く。)、がん具煙火(クラッカーボールを除く。)、がん具煙火に該当するクラッカーボールその他の火工品(火薬を装てんしていない銃用雷管付薬きょうを除く。)にあっては、その原料をなす火薬又は爆薬の数量)を超えるもの  

種     類 数   量
火薬 5キログラム
爆薬 全てのもの
火 工 品 全てのもの 全てのもの
全てのもの 全てのもの
全てのもの 全てのもの
導火線 100メートル
電気導火線 500個
銃用雷管 2,000個
実包及び空包(建設用びょう打ち銃用空包を除く。) 800個
薬液注入用薬包 200個
建設用びょう打ち銃用空包 2,000個
コンクリート破砕器 1,000個
ロープ発射用ロケット 10個
鉱さい破砕器及び爆発せん孔器 全てのもの
爆発びょう 全てのもの
油井用火工品 全てのもの
信号雷管 25個
鉄道車両用、車両用、船舶用及び航空機用火工品 全てのもの
信号焔管及び信号火せん 5キログラム
煙火(がん具煙火を除く。) 5キログラム
がん具煙火(クラッカーボールを除く。) 25キログラム
がん具煙火に該当するクラッカーボール 5キログラム
その他の火工品(火薬を装てんしていない銃用雷管付薬きょうを除く。) 5キログラム
(4) 有毒物質

    毒物及び劇物取締法(昭和25年法律第303号)第2条第1項及び第2項に規定する毒物及び劇物のうち、法第2条第7項に規定する危険物及び危険物の規制に関する政令(昭和34年政令第306号)第1条の10第1項第5号及び第6号に規定するもの以外の物質で、次に定める数量以上のもの

 毒物については、30キログラム
 劇物については、200キログラム

(5) 高圧ガス

    高圧ガス保安法(昭和26年法律第204号)第2条に規定する高圧ガスで、次の表の左欄に掲げる種類に応じて、それぞれ同表の右欄に定める数量以上のもの(液化ガスであるときは、質量10キログラムをもって容積1立方メートルとみなす。)

種     類 数   量
メタン、エタン等可燃性ガス(一般高圧ガス保安規則(昭和41年通商産業省令第53号)第2条第1号に定めるもの。ただし、危険物の規制に関する政令(昭和34年政令第306号)第1条の10第1項第1号及び第3号に規定する物質を除く。) 10立方メートル
亜硫酸ガス、一酸化炭素等毒性ガス(一般高圧ガス保安規則第2条第2号に定めるもの) 2立方メートル
酸素、窒素等その他のガス(消火設備に使用されている消火薬剤を除く。) 50立方メートル

このページは消防本部が担当しています。

〒904-2224 沖縄県うるま市大田44番地1
TEL:098-975-2005   FAX:098-973-8313

スムーズ