スープ じゃー

スープジャーの選び方 おすすめ保温スープポッド


最近、広口でスープが食べやすい 「ジャー」を雑貨店でよく見かけるようになりました。 ちょっとした工夫で簡単に熱々もしくは冷たい一品がプラスできます。 お弁当に持っていって、栄養バランスと女子力アップを目指しましょう! 【温で楽しむ】 保温機能をいかした温かいスープを楽しみましょう。 1cm角程度に切った野菜を鍋に入れて水分と一緒に加熱します。 沸騰後1分煮て調味したら火を止め、スープジャーに入れて蓋をします。 ジャーの保温機能を利用するので煮込み時間は短く、朝に準備すればお昼には野菜がやわらかくなって食べごろとなります。 もっと簡単に作るには、市販のそのまま食べられるミックスビーンズとスープの素を利用します。 全て入れて熱湯を注いで持参すれば、お昼ごろには味が馴染んだ食べるスープとしていただけます。 このほか、茹でておいたキヌアやもち麦など話題の食材や、乾燥野菜を加えるなど工夫して、オシャレな具だくさんスープを楽しみましょう。 【冷で楽しむ】 ジャーの使い道がスープだけではもったいないので、 サラダをたっぷり持っていきませんか。 冷たいドレッシングを最初に入れてから、よく洗った野菜を入れれば完成です。 ポイントはきゅうりの角切りやミニトマトなど固い野菜を先に入れた後にやわらかい葉物野菜を入れることです。 最後に彩りのパプリカやナッツなどをのせると写真を撮りたくなるような仕上がりとなります。 食べる直前に蓋をしたまま上下に振ってよく混ぜれば、シャキッとしたサラダが楽しめます。 この他にヨーグルトなどのデザートを持っていくのもおすすめです。 チアシードやドライフルーツも一緒に入れれば水分を吸ってプルプル食感になったスイーツが楽しめます。

【スープジャー】おすすめランキング!口コミで人気のBEST3(Amazon・楽天)


逆にステンレスなど少々の衝撃ではビクともしないものを選ぶと、うっかり落としてしまっても破損する恐れが無いので安心です。 特徴で選ぶ せっかくスープジャーを買うのですから、機能や特徴にはしっかりこだわっておきたいところです。 ここでは口コミやSNSなどで評判の便利な機能や特徴をご紹介します。 なので、外装がプラスチックのものなどは控えた方が良いでしょう。 様々な分野を独学で勉強し、ファッション、エステ、整形などの美容系はもちろん、演劇やゲーム、アニメなど幅広い視点でビューティーと向き合い、ユーザー目線でのライティングが得意です。

【スープジャー】とは?スープだけじゃない意外な使い方を紹介


【2022年】安いスープジャーのおすすめ人気ランキング19選【徹底比較】" title="じゃー スープ">
熱湯を注ぎ3~5時間おけば、チーズリゾットが完成! 5. 春雨を戻す手間ナシ!簡単チャプチェ レシピ 牛こま切れ肉、ピーマン、にんじん、春雨を使用。 アサリの塩気と豆乳の甘みが絶妙!豆乳は200mlのパックを使い切るので計量の手間も不要です。 ご飯にかけるスープジャー丼「ムーカイパロー」レシピ こちらはアサリの缶詰と豆乳を使ったレシピです。 夏の暑い日や、アウトドアのお供に! 1. 薬味が香る和のスープ「冷汁」お弁当レシピ きゅうり、木綿豆腐に大葉、ミョウガ、しょうがなどの薬味が香る和のスープ。 レモン風味のさっぱり系「パスタサラダ」お弁当レシピ きゅうりや、キャベツ、パプリカなどの野菜類をカットし、レモン系のドレッシングでサラダを仕上げます。

スープジャーで作る春雨レシピ!おすすめのスープも超簡単に作れる!


電化製品と相性の良いものを選ぶ これからの季節、より一層アツアツの状態で料理が食べたいもの。 Amazon で詳細を見る ステンレスキングは「サーモス」の海外展開シリーズ。 栄養バランスにこだわりたい人や、お弁当のレパートリーを増やしたい方はぜひチェックしてみて。 象印マホービン(ZOJIRUSHI) 創業100年以上の歴史を持つ「象印マホービン」は、独自の真空断熱技術でさまざまな製品を開発。 重さ 当然のことながら、スープジャーに中身を入れると、総重量が重たくなってしまうので、お弁当やランチに持って行くなら、できるだけ本体が軽量なタイプを選ぼう。

“スープジャー”を使って気分があがるランチを楽しもう!


一般的に真空断熱のステンレス製品含め、金属性の容器にスポーツドリンクなどの酸性飲料はNGと言われています。 保冷保温とも機能に申し分なし。 保冷効果もあるので、お弁当の幅が広がるのも魅力的です。 保冷や保温力に優れている一方、重さを気にする方も多いです。
ニュー速VIPブログ(`・ω・´)の新着記事

ご注意 ご使用のブラウザにてCookieを無効にされている場合、非表示設定は保存されません。また、ホームのカテゴリー別新着記事・RSSより配信されるピックアップページには適用されません。